概要

IBM Integrated Facility for Linux(IFL)は、IBM ZでLinuxワークロードを実行するための専用プロセッサーです。 IFLは、IBM Z用のLinuxオペレーティング・システム、IBM Wave for z/VMを活用するIBM z/VM、KVM、およびコンテナー・テクノロジーでサポートされています。

IBM z15™は、サーバーあたり最大190個のユーザー構成可能なIFLと、最大40TBのRedundant Array of Independent Memory(RAIM)をサポートすることにより、膨大な処理能力を提供します。

経費の削減

IFLにより高密度の仮想Linuxサーバー環境を実現できるため、運用管理、ソフトウェア・ライセンス、エネルギー、設置スペースの各コストを削減できます。

リスクの軽減

IFLはCentral Processor Assist Crypto Function(CPACF)命令を処理し、自動診断、問題判別、問題の切り分けの機能を搭載することで、仮想Linuxサーバー環境を障害から保護します。

大容量

IBM z15は、最大190個のユーザー構成可能なIFLのほか、同時マルチスレッド化(SMT)、単一命令多重データ(SIMD)、キャッシュ構造をサポートすることで、優れたパフォーマンスとスループットを実現します。

主要な機能

  • 広範囲にわたる処理能力
  • 性能を発揮する設計
  • IFLを柔軟に追加可能
  • 高速通信
  • プロセッサー資源システム管理機構(PR/SM)またはIBM Dynamic Partition Managerによる管理
  • 1時間当たりの100万サービス単位(Millions of Service Units: MSU)のレーティングへの影響なし
  • 幅広い利用とサポート