スポットライト

IBM Tivoli OMEGAMON XE on z/VM and Linux

OMEGAMON XE on z/VM and Linuxは、z/VMおよびLinux on IBM Zオペレーティング・システムに関する幅広い情報を提供します。Linuxの動作を、他の重要システムからの詳細なパフォーマンス・メトリックと並べて比較できます。ダイナミック・ワークスペース・リンクで、Tivoli Enterprise Portalワークスペース間を容易にナビゲートできます。概略的なビューで、ビジネスや最終収益にシステム・パフォーマンスがどのように影響するかをエグゼクティブが把握できるようにします。

IBM Spectrum Protect Extended Edition

IBM Spectrum Protect Extended Editionには、追加のディスクおよびテープ・システムのサポートと、強化された障害復旧機能が含まれています。機能には、ノード複製、障害復旧管理、大規模テープ・ライブラリーのサポート、NDMPのサポートが含まれます。

IBM Operations Manager for z/VM

Operations Manager for z/VMを活用すると、システム・プログラマーや管理者はシステム・アラートに応答して日常的な保守タスクを自動化できます。ユーザーは、サービス・マシンおよびLinuxゲスト用のコンソールで表示および対話することで、より簡単に問題をデバッグできます。オペレーターは、メッセージをより良く解釈し、修正処置を決定できます。

IBM Backup and Restore Manager for z/VM

IBM Backup and Restore Manager for z/VMで、z/VMシステム上のファイルとデータ、Linuxなどのz/VM以外のゲスト・システム上の画像のバックアップとリストアが可能になります。ファイル、ミニディスク、Shared File Systemのファイル・スペース、フル・システム・データのバックアップとリカバリーのための簡素化された機能を使用することで、システムとデータを確実に利用できるようにします。各データ・タイプの操作を最適化することで、バックアップとリストア機能を実行できます。また、ワイルドカード文字のサポートで柔軟にファイルを選択できます。

IBM Wave for z/VM

IBM Wave for z/VMは、IBM ZシステムとIBM LinuxONE上のz/VMと仮想Linuxサーバーの仮想化管理を大幅に簡素化します。z/VMやLinux環境に円滑に統合され、VMの監査、保管、報告のプロセスをシンプルかつコスト効率よく実施できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Infrastructure Suite for z/VM and Linuxの全機能を使用するには、以下が必要です:

  • z/VM V5.4(5741-A05)以降(IBM Operations Manager for z/VM)
  • Library for REXX on zSeries(5695-014)(英語)、またはAlternate Library for REXX on zSeries(無料ダウンロード)

ハードウェア要件

IBM Infrastructure Suite for z/VM and Linuxは、前提ソフトウェアをサポートする任意のハードウェア上で稼働します。