概要

IBM InfoSphere Data Replicationは、さまざまなデータ複製ソリューションのための複数のIBMテクノロジーで構成される、単一の製品です。使いやすく、拡張性が高く、全社への導入に適したソリューションです。データ複製テクノロジーの選択肢を大きく拡張でき、一連の複製トポロジーに対応するさまざまなソースとターゲットをサポートします。InfoSphere Data Replicationはトランザクションの一貫性を保ちながら複製を行うため、ビッグデータの統合、継続的な可用性、データ統合、データウェアハウス、分析機能のイニシアチブをサポートします。また、ダウンタイムのない移行とアップグレードもサポートします。

一元化された使いやすいプラットフォーム

一元的な監視機能により、複製環境のパフォーマンスを可視化できます。シンプルなグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)を活用することで、迅速に実装プロセスとデータ統合プロセスを実行します。

信頼できるデータを継続的に提供

コストのかかるダウンタイムと生産性の低下を防ぐために、2つのシステム間でソフトウェア・データの同期を行い、重要なビジネス業務を支える継続的な可用性とデータの配信を提供します。

ビジネスの俊敏性を強化

Change Data Captureテクノロジーにより、全社の重要な動的データを簡単に収集して提供することで、ビジネス上の意思決定を、関連するイベントの発生に基づいて事前に行うことができます。

コストの削減

InfoSphere Data Replicationは、異なるシステム、データベース、オペレーティング・システム上の複数のアプリケーション・インスタンスを排除することにより、保守コストの削減に役立ちます。

主要な機能

  • 継続的な可用性
  • Management Console
  • プログラミング不要のデータ統合
  • Change Data Captureの機能
  • 複数のソース、ターゲット、複製トポロジーのサポート