スポットライト

データに対する信頼性を確立して知識に対する認識を促進

ビジネスのパワーとなるデータの本質を理解するために不可欠な、ビジネス用語の統合データ・ディクショナリーを詳細に調査できます。知識と理解を企業全体に伝搬させて、自社独自のビジネス用語で記述された情報資産のすべてに対する共通の認識を確立することができます。データ・リネージュ(来歴)、ルール、ポリシーを素早く見つけて検討できます。データの整合性を維持するために不可欠なスチュワード(データ管理責任者)を特定できます。

Information Governance Catalog環境を展開

Information Governance Catalog on Cloudによって、プライベート・クラウド、パブリック・クラウドのどちらにも移行できます。インフラストラクチャー全体のクラウド環境への移行、テスト環境を導入した小規模構成での開始、オンプレミス・ソリューション全体のバイパスなどのいずれにも対応可能なInformation Governance Catalog on Cloudは、柔軟かつ迅速なクラウド導入ソリューションを提供する強化されたエディションです。効果実現までの時間を短縮し、IT管理の負担を減らし、サブスクリプションの料金設定によってコストとリスクを軽減します。

技術研修の必要性を軽減

意思決定の正確性を高め、より簡単にビジネス機会を捉えることができる環境を作成して、チームが長時間の技術研修を受ける必要性を軽減します。Information Governance Catalogにより、情報、その意味、使用法、そして信頼できる根拠を深く理解できます。そのため、長時間の研修がなくても、業務知識をより簡単かつ迅速に、企業全体で共有して使用できます。

統合されたメタデータのパワーを活用

アプリケーションやレポート、データウェアハウス等から、元のソース・システムまでへのデータ項目の完全なリネージュ(来歴)を、すべて1つのユーザー・インターフェースで表示します。データの起点を知り、他のいくつものシステムを通過するときにデータに何が起こるかを知ることは、そのデータの完全性と正確性を確立するための基礎となります。データの検証と追跡可能性は、企業がデータの信憑性の確認を要求する各種規制に準拠するための重要な要素です。