強力なデータ・ガバナンスと管理を実現

IBM Information Governance Catalogは、組織において、データを信頼できる情報へと転換可能にする強力なデータ・ガバナンスと管理のプログラムを構築・保守する能力を強化します。この信頼できる情報は、ビッグデータの統合、マスター・データの管理(MDM)、ライフサイクルの管理、セキュリティーやプライバシーのイニシアチブなど、情報の統合やガバナンスの多様なプロジェクトで活用できます。Information Governance Catalogの包括的な機能を活用することで、ITをビジネス目標により合致させることができます。

共通語彙の確立

社内で共通のビジネス用語と語彙を確立します。一貫して共有、信頼、行動できる業務知識を深く理解できるようにします。

情報アーキテクチャーの管理

今日のデータ駆動型企業の基盤である情報アーキテクチャーの性質を理解しやすくします。

データ・リネージュ(来歴)の探索

企業全体でデータがどのようにつながっているかを理解できます。情報の急激な変化と、それにより生まれ得るビジネス成果の可能性に追いつけるようにします。

ガバナンス・ルールとコンプライアンスに対応

情報の構造化、保管、変換、移動の方法を定義可能な、一貫したガバナンス・ポリシーを作成します。

主要な機能

  • データに対する信頼性を確立して知識に対する認識を促進
  • Information Governance Catalog環境を展開
  • 技術研修の必要性を軽減
  • 統合されたメタデータのパワーを活用