スポットライト

IMS Database Recovery Facility for z/OS

並列でデータを処理してデータベース・データセットを同時に回復することによって、リカバリー・プロセスを簡素化し、データベース回復に必要な時間を削減します。IBM IMS Database Recovery Facility for z/OSは、すべてのIMSデータベース・ソフトウェアを統合し、単一のソースからIMS全機能データベースと高可用性大規模データベース(HALDB)を管理できます。

IMS High Performance Change Accumulation

データベースの変更を迅速に、安全かつ正確にマージし、高速プロセスの利点を生かして変更累積グループを並列処理で作成します。Interactive System Productivity Facility(ISPF)インターフェースにより、IMS High Performance Change Accumulationをシンプルにカスタマイズ、セットアップ、実行できます。代わりのバッチ・インターフェースも提供されます。

IMS Index Builder for z/OS

索引の作成、再編成、保守、および回復を簡素化します。このツールはジョブ・ステップ1つで複数の索引を作成します。これにより、IMS索引を再作成することができます。基本データ・ストアに使用される従来のアンロードと再ロードのプロセスを使用して、索引の回復や再編成を行う必要はありません。

IMS High Performance Image Copy for z/OS

データベースのコピーとデータベース・データセットの回復を迅速に行います。自動化された運用により、データベースはバッチ・イメージ・コピーが取得される前にオフラインになり、処理が完了すると再起動されます。IMS標準イメージ・コピー・データ・セット、または圧縮イメージ・コピー・データ・セットからコピーを作成します。同一磁気テープに複数のイメージ・コピーをスタッキングして磁気テープの本数を減らし、再編成ツールの実行中にイメージ・バックアップを行います。

ユーティリティーと自律機能

ユーティリティーを使用して、アンロード、ロード、索引作成、再編成、バックアップ、検証、レポート作成を行います。自律機能により健康状態、パフォーマンス、回復可能性が維持されます。ロード、アンロード、索引の作成、イメージ・コピーのタスクを同時に実行でき、論理的に関連するデータベースのアンロードと接頭部解決を高速で実行します。

複数データ・セットの同時リカバリー処理

イメージ・コピー、ログ、変更累積データ・セットを並列で読み取ります。それぞれの読み取りは1回だけです。回復中のデータ・リカバリー資源の可用性を検証し、オンラインおよびバッチのIMS環境でリカバリー処理を提供します。

不完全な変更累積データ・セットの使用

変更累積データ・セットが使用できない場合に、イメージ・コピーとログ・データから直接共用IMSデータベースを回復します。不完全な変更累積データ・セットは、それが使用可能な最新のコピーである場合は、リカバリー処理に使用できます。変更累積データ・セットを使用できますが、データ共用環境であっても、回復前にそれが必要になることはありません。

シンプルで素早い、正確な変更管理

既存のIMSデータベース・リカバリー管理(DBRC)プロセスを再使用します。ログの連続的な読み取りやデータ・グループの実行の繰り返しを待たずに、最新のデータベースの変更をマージします。データの1回の受け渡しで、データベースの最新の更新すべてを抽出します。同時に実行する並列プロセスの数を最大化することができます。また、並列プロセスの数を制限することもできます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IMS Recovery Solution Pack for z/OSには、以下のデータベースおよび管理ツールそれぞれのバージョンのうち、少なくとも1つが必要です:

  • IMS 9、10、11、12、12.1.0、13、13.1.0、14および今後のフィックスパック
  • IMS Database Solution Pack for z/OS 1.1、1.2、2.1および今後のフィックスパック
  • IMS Database Value Unit Edition 1.1、1.2、1.3および今後のフィックスパック
  • IMS Universal JDBCドライバー13、14および今後のフィックスパック
  • IMS Tools Base for z/OS 1.1および今後のフィックスパック
  • Tools Base for z/OS 1.2、1.3、1.4および今後のフィックスパック

ハードウェア要件

IMS Recovery Solutions Pack for z/OSにはハードウェア要件はありません。サポートされるハイパーバイザーはIBM PR/SM(任意のバージョン)およびz/VM 6.1です。