概要

IBM IMS Queue Control Facility for z/OSは、共用キューと非共用キューの両方の環境でローカルのIMSメッセージ・キューを操作するIMSキュー管理ツールです。どちらの環境でも、メッセージの照会、ブラウズ、ロード、アンロード、および再処理が可能です。

IMS Queue Control Facilityは、非共用キュー環境ではキューのオーバーフロー状態を防止し、メッセージをメッセージ・キューに復元して処理できるようにします。さまざまなIMS Queue Control Facility機能を、1つのシスプレックス内の複数の中央電子処理装置(CEC)上で、他のIMS Queue Control Facilityサーバーと連携しながら稼働させることができます。

IMS Queue Control Facility for z/OS

複数のCEC上で稼働

さまざまなIMS Queue Control Facility機能を、1つのシスプレックス内の複数の中央電子処理装置(CEC)上で、他のIMS Queue Control Facilityサーバーと連携しながら稼働させることができます。

コールド・スタートの自動検出

自動的にIMSコールド・スタートを検出し、そのコールド・スタートの前にキュー(待ち行列)に入れられていたメッセージを再度キューに入れます。

ウォーム・スタートの自動検出

自動的にIMSウォーム・スタートを検出し、ウォーム・スタートの前に送達不能キューに入れられていたメッセージを、再度キューに入れるか、またはオフロードを実施します。

メッセージの監視機能の改善

キュー・スペース使用率通知メカニズムを使用して、合計キュー・スペースに最大10の領域を定義し、小規模または大規模なメッセージを監視します。

主要な機能

  • キュー・オーバーフローの保護
  • メッセージ処理
  • 回復と保守の機能
  • メッセージの再キューイング
  • キューの保守
  • TSOクライアント/ISPFインターフェース