スポットライト

対話式の問題判別

IMS Problem Investigator for z/OSの強力なログ・レコードのフォーマット機能と高度なナビゲーション機能を使用して、シンプルなログ分析を実行します。フォームとフィルターを使用して表示内容を調整できます。検索機能を使用して容易に検索を実行できます。

トランザクションの追跡

トランザクションに関連付けられたすべてのログ・レコードを結び付けて表示するため、問題を容易に分析できます。

詳細な分析のためのドリルダウン

組み込みのオンライン・ヘルプにより、ログ・レコードのフィールド・レベルまでドリルダウンします。カスタマイズされたログ・レコードの分析と抽出を実行するには、REXXコマンド・インターフェースを使用します。

複数ソースのログ・データのフォーマットと表示

次のソースを使用します: 1)IMSログおよびIMSモニター・データセット、2)Common Queue Server(CQS)ログ・ストリームおよび抽出、3)OMEGAMON ATF、4)Db2およびIBM MQ、5)IMSトランザクション・インデックスとIMS Connectトランザクション・インデックス(IMS Performance Analyzerにより生成)、6)IMS ConnectおよびIMS Connect Extensionsのイベント・データ(IMS Connect Extensionsジャーナルより)。ログ・データの構造に関する専門的な理解を必要とせずに、レコードおよびトランザクションをナビゲート、調査、分析します。