概要

IBM IMS Performance Solution Pack for z/OSは、IMS Connect Extensions for z/OS、IMS Performance Analyzer for z/OS、およびIMS Problem Investigatorのフィーチャーと機能を統合します。3つの製品が統合されることで、データベース・アナリスト(DBA)はIMSトランザクションを詳細に分析できます。この統合ツールにより、各問題を担当するアナリストの生産性が向上し、IMSアプリケーションのパフォーマンスが効率化され、IMSリソースの使用効率とシステムの可用性が改善されます。

パフォーマンス上の問題を識別

パフォーマンス上の問題の原因がIMS Connectであるかどうかを素早く識別して排除し、問題がOTMA、MQ、Db2、共有キュー、その他のサブシステムのどこにあるかを判断します。

IMSログを活用した問題の特定

自動的にIMS Connect Extensionsジャーナルを選択し、IMSログと結合して、問題が発生した時間帯のレコードだけを表示します。

トランザクション・パフォーマンスの分析

IMS Performance Analyzerが生成するアカウンティングの索引によって検出された、パフォーマンスの低いトランザクションが存在するIMSログ内のセクションを、IMS Problem Investigatorを使用して参照します。

IMSのパフォーマンスを強化

各問題を担当するアナリストの生産性を高め、IMSアプリケーションのパフォーマンスをさらに効率化し、IMSリソースの使用効率とシステムの可用性を改善します。

サービス・レベル・アグリーメントの達成

IMSシステムを常に高レベルのパフォーマンスで稼働させ、サービス・レベル・アグリーメントの未達を回避します。

主要な機能

  • 動的なTCP/IP管理
  • 包括的なレポートの作成
  • レコードとトランザクションの分析
  • IMSオープン・アクセスの統合サポート