概要

IBM IMS™ Network Compression Facility for z/OS®は、3270ユーザーへのデータ・ストリームを圧縮することにより、応答時間と回線コストの削減を支援します。IMS Network Compression Facilityソフトウェアは、3270コマンドを利用して不要な文字や冗長な文字、空白のスペース、フィールド定義、およびその他のデータを圧縮します。このツールを使用するにあたって、アプリケーションへの変更は必要なく、ユーザーの画面に変更が加えられることもありません。

ネットワークのトラフィックを削減

標準の3270データ・ストリーム・プロトコルを使用して、あらゆる形式の3270端末への出力をサポートし、IMSからユーザー端末に転送されるデータの量を削減します。

プロセスの冗長性を削減

新しいオプションを使用して3270のデータ・ストリームおよび反復文字(スペース、ヌル、アスタリスク、ダッシュおよびその他)を圧縮し、冗長な3270 Set Buffer Address(SBA)コマンドを排除できます。

作業プロセスの柔軟性を向上

MVSシステム間でNetwork Compression Facilityの情報およびオプションを照会および更新し、そのISPFインターフェースを通じてオプションを動的に変更できます。