スポットライト

操作の流れ

IBM IMS High Performance (HP) Prefix Resolution for z/OSは、IMSデータベースの論理関係があるIMSデータベース接頭部を解決して更新します。ツールでは、IMS接頭部解決とIMS接頭部更新の2段階でこの作業を実行します。IMS接頭部解決では、IMSデータベースに定義された論理関係ポインターを解決するためのデータ・セットをすぐに作成します。

IMS Index Builderとの統合

IMS HP Prefix Resolutionは、IMS Index Builderとの統合により、2次索引ポインターの解決も行います。IMS HP Prefix Resolutionでは、特殊な作業ファイルを使用して入出力をなくしてデータ・セット割り振りを削減し、IMSデータベース接頭部解決の性能を向上させます。また、実行された内容を示すレポートも作成します。これらのレポートは、IMS Tools Knowledge Baseリポジトリーに保管されます。

IMS接頭部更新

IMS接頭部更新では、データベースのロードや再編成による影響を受けたIMSデータベース接頭部を更新します。これは、独立したステップとして、またはIMS HP Prefix Resolutionと一緒に実行可能です。また、IMS接頭部更新の性能を向上させる特殊なバッファー・ハンドラーもあります。IMSデータベースがデータベース・リカバリー管理(DBRC)に登録されている場合には、IMSデータベース接頭部が更新されたことを示すDBRC再編成通知が、IMS接頭部更新のステップで発行されます。

オペレーションに役立つ理由

IMS HP Prefix Resolutionを使用すると、ジョブ・ステップを簡素化して特定リソースの使用をなくすことで、とても簡単かつ高速にこうしたタスクを行うことができます。これらの拡張機能により、IMS HP Prefix Resolutionは、データベース管理者(DBA)のタスクを支援して時間を短縮し、システム・リソースと人的資源の可用性を高めます。