概要

IBM IMS High Performance (HP) Prefix Resolution for z/OSは、論理関係があるIMSデータベースの接頭部を1つのジョブ・ステップで解決して更新します。データベースに定義された論理関係ポインターを解決するためのデータ・セットを作成します。その後、データベースのロードや再編成によって接頭部の情報が影響を受けた各セグメントについて、その接頭部を接頭部更新機能で更新します。

このツールでは、接頭部の解決と更新のタスクが簡素化され、データベース管理が改善されます。リソースの使用率を削減しながら、論理関係ポインターをすぐに解決することで、再編成の所要時間とCPU時間を短縮します。

IMS High Performance Prefix Resolution for z/OS

ポインターの関係を解決

論理的に関係するデータベースをロードまたは再編成した後に、ポインターの関係を解決し、本番環境で使用できるようにします。

ステップを結合して効率化

接頭部の解決と更新の機能を1つのジョブ・ステップに結合します。

中間ステップを排除

中間作業データ・セットを不要にして所要時間とリソース使用率を削減するHPPRPIPEデータ転送サービスを使用します。

テープ処理やDASD割り振りを削減

中間作業データ・セットDFSURWF2とDFSURWF3をなくすことで、テープの処理と直接アクセス・ストレージ・デバイス(DASD)の割り振りが減少します。

要件を最小化

接頭部解決や接頭部更新によく関連する入出力、テープ処理、DASDの要件の多くを削減または回避します。