スポットライト

IMS High Availability Large Database Toolkit for z/OSをお勧めする理由

IMS High Availability Large Database Toolkit(HALDB)for z/OSは、アプリケーション・サポート・タスクの実行に必要な時間を短縮し、必要なスキルを最小限に抑えます。このツールキットは、IMS HALDBの保守、モデル化、分析の各機能を提供します。また、1日24時間365日のデータ可用性の維持を支援します。このツールキットのアプリケーション機能により、アプリケーションはHALDB環境をより有効に活用できます。さらに、このツールキットのシステム・ユーティリティーからは、HALDBの保守容易性を向上するさまざまな機能が提供されます。

IMS HALDBデータベースへの変換

IMS HALDB Toolkitは、IMSフル・ファンクション・データベースをIMS HALDBデータベースに移行します。まず、変換がシミュレートされます。このツールでは、最新のIBMフル・ファンクション・データベースに適したIMS HALDB のパーティションの設定を選択できます。次に、IMSフル・ファンクション・データベースからIMS HALDBデータベースへの変換が実際に実行されます。この手順は、単一のバッチ・ステップで行われます。このプロセスで必要なすべてのサブステップを生成するISPFインターフェースが装備されています。

IMS HALDBデータベースの保守

IMS HALDB Toolkitでは、データの増大または縮小の兆候に従って、IMS DBAはパーティションを統合、分割できます。次に、新しいパーティションの設定が正しいことを確認するために、DBAは、実際にIMS HALDBデータベースに変更を加える前に、再パーティショニングをシミュレートできます。さらに、DBAはIMS HALDBデータベースで保守が必要なときに通知するために、具体的なしきい値を設定できます。

パフォーマンスの向上

IMS HALDB ToolkitはIMS HALDBデータベースの効率を改善します。例えば、IMS HALDBの1次データベースが再編成されると、すべての2次索引のポインターに修復が必要になります。IMSでは、この修復プロセスは「自己修復」機能を使用して実行されます。つまり索引は、最初に使用された時点で修正されます。ただし、自己修復手順はピーク時の効率に影響を与える場合があるため、ツールキットには、2次索引を修復するためのオフライン・ユーティリティーが用意されています。

データベースの変換

IMS HALDB Toolkitはまた、ユーザーによって区画化されたIMSデータベースのIMS HALDBデータベースへの変換も支援します。異なるキー範囲の同一のデータベースが複数ある場合、ツールキットはデータベースをIMS HALDBデータベースに変換し、データをマージして、単一のIMS HALDBデータベースに格納します。これは、データが複数のデータベースに分割されているために、必要な2次索引を今まで使用できなかったユーザーにとって非常に有益な機能です。

IMSデータベース・リカバリー管理(DBRC)

IMS HALDB Toolkitでは、IMS DBRCに対応するために特殊な機能が提供されます。例えば、IMS HALDB DBRC定義を、1つのIMS RECONデータ・セットから別のIMS RECONデータ・セットに複製できます。また、複製処理中に、ハイレベルのデータ・セット修飾子の名前を変更することもできます。さらに、このツールキットを使用すると、実稼働のIMS HALDBデータベースを1つのIMSシステムから別のIMSシステムに割り振ったり、コピーすることもできます。