スポットライト

Autonomics Director

本ソリューションに統合されているAutonomics Director for z/OSは、繰り返し行うデータベースの監視や保守の作業を自動化することで、IMSの健康状態と性能の維持に役立ちます。ご使用の環境内のデータベースや既存のデータベース・グループを自動的に発見し、健康診断の統計を使用して操作のピーク時を避けてデータベース評価を開始し、IMSシスプレックス自動フェイルオーバーとワークロード管理のサポートの機能を活用することで、ご使用のIMS環境の効率性を高めます。

IMS Database Repair Facility

迅速な修復を実現することで、VSAM編成およびOSAM編成のIMSデータベースの保全性と可用性を強化します。IMS Database Repair Facilityの対話式機能を使用すると、ポインターまたはデータのエラーを短時間で修復できるため、影響を受けるデータベースをオフラインにする時間が短くて済みます。

IMS Fast Path Advanced Tool

統合ツールの機能を使用して、処理効率を向上させ、操作に必要な時間とリソースを大幅に削減できます。IMS Fast Path Advanced Toolは、データベースのすべてのエリアに影響を与えることなく、1ステップで複数のDEDBエリアのアンロード、再ロード、再編成、再構築、分析、DMACの印刷、抽出を並行して実行できます。

IMS Fast Path Basic Tools

IMSオンライン・システム環境を起動することなく、DEDBを分析、保守、調整、移行できます。DEDB Pointer Checker、DEDB Tuning Aid、DEDB Unload/Reloadを含むこれらの強力なツールは、データベースの保全性の検証や、データベースの管理、保守、性能の調整の向上のための要約/詳細分析レポートなど、多数のユーティリティーや機能を提供します。

IMS Fast Path Online Tools

Online Pointer Checker、Online Data Extract、Online Area Extender、Online Expert Reorganization、Online DMAC Printの各ユーティリティーを含むIMS Fast Path Online Toolsを使用すると、IMSデータベースの性能の管理と保守の方法を強化できます。これらの機能は、IMSデータベースをオフラインにすることなく実行できます。

IMS High Performance Image Copy

高度なコピー技術を使用して、データベースのデータ・セットの高速なバックアップとリカバリーを実現し、IMSの機能を強化します。自動化された運用機能により、データベースはバッチ・イメージ・コピーが取得される前にオフラインにされ、処理が完了すると再起動されます。同一磁気テープに複数のイメージ・コピーをスタッキングして、磁気テープの本数を減らします。 さまざまな再編成ツールの実行中にイメージ・バックアップを取り、再編成の直後にデータベースを使用することができます。

IMS Library Integrity Utility

処理に必要な多数のIMSライブラリーの検証、比較、マッピング、復旧、報告、再生成を可能にするIMS Library Integrity Utilityにより、本番環境でのライブラリーの誤用を防止します。サポート対象ライブラリーには、Application Control Block(ACB)、Data Base Definition(DBD)、Program Specification Block(PSB)、およびMessage Format Services(MFS)のライブラリーが含まれます。これらのユーティリティーは、データベースの保守作業や移行操作で使用できます。

IBM Management Console for IMS and Db2 for z/OS

IBM Management Console for IMS and Db2 for z/OSを使用すると、複雑なシステム環境の管理を簡素化し、本ソリューションを強化できます。このコンソールは、IBM IMSおよびIBM Db2 for z/OSのシステムからの情報を、標準のWebブラウザーからアクセス可能な単一のインターフェースに統合します。