スポットライト

システム管理の簡素化

IBM IMS Extended Terminal Option(ETO) Support for z/OSにより、IMS ETO環境の管理を簡素化できます。あらゆる種類のIMS端末で、ユーザーのサインオン画面とサイオフ画面に加え、サインオン中のエラー・メッセージの表示もカスタマイズできます。また、IMSログ・レコードを使用して、適切なエラー情報をログに記録できます。IMS ETO SupportはすべてのIMS ETOの定義を記録し、IMSを再起動することなく定義を更新できます。

サインオンとサインオフの改善

IMS ETO SupportはETOのサインオンとサインオフに特化した機能を提供します。例えば、各デバイス・タイプ(SLU1、SLU2、SLUP、ISC)はETOに正常にサインオンした後、直接MFSテスト・モードに移行できます。ETOのサインオフ中に、IMSの会話のクリーンアップ、端末ステータスのリセット、既存のメッセージのキューからの削除ができるため、その後のETOのサインオン時にエラーが発生する条件を防止できます。

ETOのユーザー出口の作成と更新

IMS ETO機能により、ユーザーは複数のユーザー出口を使用して、端末とユーザーの定義をカスタマイズできます。ユーザー出口はアセンブラー言語で作成する必要がありますが、この言語はお客様にとって使用が困難な場合があります。IMS ETO Supportを使用すると、キーワード・パラメーターを使用してユーザー出口を作成できるため、アセンブラー言語でコーディングする必要がありません。同じユーザーに複数のLTERMを定義し、自動サインオフ値を設定したり、OTMAセッションにLTERM名を設定できます。

ユーザーと端末の高度なセキュリティー機能

IMS ETO Supportの高度なセキュリティー機能により、キーワード・レベルでIMSコマンドを保護できます。IBM RACF CIMSクラスやIMSコマンド認証ユーザー出口を使用して、またはIMS ETO Supportの特別なセキュリティー・プロファイルを通じて、セキュリティーを強化します。特定の時間帯にユーザーと端末のアクセスを制限する機能もあります。