スポットライト

高い可用性と拡張性

IBM IMS Database Value Unit Edition(IMS DB VUE)のカスタマイズされた機能を活用し、モバイルや分析のワークロードにz/OSの先進の可用性、セキュリティー、および拡張性をもたらします。またIMSデータはIBM BigInsightsプラットフォームで分析のソースとして利用することができます。

実績あるパフォーマンスとワークロード管理

IMSおよびZシステムの、先進の固有な仮想化機能やワークロード管理機能を使用することにより、競争優位を獲得し、コストを削減できます。z/OSに組み込まれたz/OSMFにより、管理が容易になります。

JavaまたはSQLの新規アプリケーションのためのコスト効率の良いアクセス

COBOLプログラムにおける、IMS DB VUEのSQLのサポート機能の活用により、ご使用のCOBOLプログラムがより効率的にIMSデータベースにアクセスできるようになります。Value Editionでは、IMSでネイティブSQLの処理が可能になります。ネイティブSQLのための、分散リレーショナル・データベース体系(DRDA)の分散データ管理(DDM)コマンドを拡張サポートし、IMSのオープン・データベース・フローを向上します。また、JavaやSQLのサポートが強化され、IMSの開発やIMSのデータへのアクセスを容易にするツールを提供します。

z/OSプラットフォーム全体の柔軟性とコスト管理

IMS Database VUEを、IMS TM VUE、Db2 VUE、QMF VUE、MQ VUE、Enterprise COBOL VUE、およびCICS VUEを含む、他の利用可能なIBM Value Unit Editionと組み合わせることができます。これらを組み合わせることで、IBM Zシステムをご利用のお客様に、コスト管理しながら効率良く効果的にビジネスを成長できる柔軟性を提供します。

おすすめ関連製品

IBM Information Management System 14

最新のIMSソフトウェアで優位に立つ

詳細を表示

IMS Transaction Manager Value Unit Edition

一括払い料金のIMS Transaction Manager

詳細を表示