IMS Connect Extensions for z/OSの概要

IMS Connect Extensions for z/OSは、IMS Connectの可用性、信頼性、およびパフォーマンスを向上します。IMS Connect Extensionsを使用すると、システムが透過性を増し、ワークロードの管理や問題の解決が容易になります。

IMS Connect ExtensionsはIMS Performance Solution Packの一部です。このパックには、IMS Connect Extensions、IMS Performance Analyzer、およびIMS Problem Investigatorの機能が統合されています。これらのツールが結合することで、各問題を担当するアナリストの生産性を高め、IMSアプリケーションのパフォーマンスをさらに効率化し、IMSリソースの使用効率とシステムの可用性を改善する機会が生まれます。

IMS Connect Extensions for z/OS

高度なワークロードの経路指定

IMS Connectのイベント・データを記録することで、問題を分析しパフォーマンスを最適化します。

オペレーション・コンソール(z/OS Explorerプラグイン)

IMS Connect Extensionsオペレーション・コンソールを使用して、IMS Connectシステムを監視して管理します。ワークロードや処理能力の変化への対応を自動化します。

問題分析の簡素化

IMS Connectのイベント・データを記録することで、問題を分析し、パフォーマンスを最適化します。

Open Database Connectivity

IMS Connect間のTCP/IP通信およびOpen Database Manager(ODBM)をサポートします。

REXXを使用した操作の自動化

REXXプログラムから直接IMS Connect Extensionsのサービスにアクセスできます。

IMS Connectのレポート機能の改善

IMS Performance AnalyzerとIMS Connect Extensionsジャーナルを使用して、IMS Connectのアクティビティーに関するレポートを作成します。

IMS Connect Extensionsの仕組み

  • IMS Connectと統合
  • 高度なワークロードの経路指定
  • ワークロード・バランシングの運用を自動化
  • IMS Connectの単一の制御点を提供
  • IMS Connectのイベント・データを収集して拡張
  • トランザクションの遅延を把握する