スポットライト

高度なIMSサブシステムのクローン作成

高速レプリケーションなどのデータのコピー・プロセスを使用して、既存のテスト環境のリフレッシュや新しいテスト環境の作成が可能です。コピー・プロセスをホストからストレージ・プロセッサーにオフロードすることで、ホストのCPUリソースとI/Oリソースを節約し、システム管理ストレージ(SMS)オプションを使用してストレージ構成および標準に適合できます。高度なデータ・マスキングによってデータ・セキュリティー上の匿名性を提供するほか、高可用性大規模データベース(HALDB)のサポートを含め、データベース・リカバリー管理(DBRC)を更新します。

データ共有をサポート

並列シスプレックス環境内の複数のIMSサブシステム間でデータを共有する機能が利用できます。IMS Cloning Toolは、IMSシステムとそれに関連するデータベース全体のクローンだけでなく、同一または共有された論理区画(LPAR)上の、選択したIMSデータベースのクローンも作成します。これにはデータ共用グループ内のIMSサブシステムのすべて、あるいはそのサブセットのクローン作成も含まれます。

IBM FlashCopyまたはSTK SnapShotの実行

VOLSERマスク、SMSストレージ・グループ、あるいは両者の組み合わせを使用してIBM FlashCopyまたはSTK SnapShotのコピーを実行することにより、ボリュームを個別に指定する必要がなくなります。このツールはDFSMSdssコマンドを発行してFlashCopyまたはSnapShotを透過的に開始するため、これらのツールを実行するための追加のJCLは必要ありません。また、ソース・ボリュームのICFカタログ情報を同時に収集し、FlashCopy/SnapShotコピーを開始して名前変更の保全性を確保し、FlashCopyまたはSnapShot関係が終了したかをテストします。

SMSオプションの利用

クローン作成されたデータ・セットにどのようにSMSクラス構成を適用するかを決定する幅広いSMSオプションを使用して、それらのデータ・セットを正しく管理できます。また、ボリュームの特性(SMSと非SMS、または装置サイズ別)を自動的にペアリングする機能も用意されています。

おすすめ関連製品

IMS Recovery Solution Pack for z/OS

IMSデータ・セットのバックアップとリカバリーのための統合ソリューション

詳細を表示

Integrated Multivendor Support (IMS) for your Data Center

さまざまなベンダー製のサーバー、ストレージ、ネットワークに対する投資を効率化します。

詳細を表示