概要

IBM IMS Buffer Pool Analyzer for z/OSは、IMSの現行オンライン・ジョブとバッチ・ジョブのデータベース・バッファー・プールの評価に役立つ統計分析レポートを作成します。バッファー・プール構成に対して変更を加えることで、情報管理のパフォーマンスが向上するかどうかを判別するために必要な情報を提供します。このデータに基づいて、企業はパフォーマンスを最適化し、データベースのバッファー・プール変更プロセスから当て推量を排除することができます。
IMS Buffer Pool Analyzer for z/OS

パフォーマンスの向上

バッファー・プール環境を検証し、各サブプールのバッファー数の変更を推奨することで、パフォーマンスを最適化します。

ストレージの高度な割り当て

カップリング・ファシリティー(CF)内のOSAMキャッシュ・バッファーの効率に関する情報を取得し、CF内のOSAMバッファーに割り当てられたストレージ量の変更による影響を検証します。

可視化の実現

ユーザーによるバッファー・プール構成の変更をモデル化し、変更を実装する前にその影響を可視化します。

ストレージの最適化

無駄なストレージを識別し、選択したバッファー・プールのパフォーマンスがバッファーの追加または削減により向上するかどうかを判別します。

次世代分析

各サブプールを最も多く使用しているデータベースを判別し、仮説に基づくシナリオ分析を実行します。変更を実装する前にその影響を確認できます。

包括的なレポートの作成

サブプール・データの使用状況を検証のうえ、プールの構成、バッファー要求率、パフォーマンス・データを確認します。すべてのデータ・セットのリスト、ヒット率、バッファー要求率、入出力速度に基づき、データベースのパフォーマンスを検証します。