概要

IBM IMS Batch Terminal Simulator for z/OSは、アプリケーション・プログラム・ロジック、IMSアプリケーション・インターフェース、テレプロセシング・アクティビティー、3270フォーマット制御ブロック、およびデータベース・アクティビティーを検査する包括的な手段を提供するテストおよびデバッグ・ツールです。アプリケーションの動作をシミュレートし、処理されたトランザクションに関する詳細情報を含むレポートを生成します。このソリューションは、アプリケーション・プログラミング、テストの生産性、効率性を向上し、コストと時間を節約します。

生産性の向上

IMSアプリケーションとデータベース・アクティビティーのテストおよびデバッグを行うための包括的な手段を提供することで、アプリケーション・プログラマーの生産性を向上します。

スケジュールと運用の簡素化

柔軟なアプリケーションのテスト期間を使用し、スケジュールと運用をより簡単にします。

IMSリソース要件の削減

テスト環境のセットアップのための、システム管理者のタスクとIMSリソース要件を大幅に削減します。

コストとMIPS消費量の削減

フルIMSリソースによるテストと比較して軽量のテスト環境を使用し、コストとMIPS消費量を削減します。

トレーニング・ツールとしての利用

新しいアプリケーション・プログラマーが、テスト・シナリオと記録されたアクティビティー・トレース情報を学習することで、アプリケーション・プログラムの機能と振る舞いを学べます。

主要な機能

  • 包括的なレポート
  • トランザクション処理のシミュレーション
  • IMSアプリケーション・テスト
  • 透過的なテスト
  • 統合アプリケーション・テスト