概要

IBM Information Management System(IMS)は、IBM Zのトランザクション・データベースとして高い信頼を得ています。IMS 15はその信頼に基づいて構築されました。暗号化とモバイル監査能力を提供し、リスクを最小限に抑えながら、1日あたり最大500億のトランザクションを処理しています。動的な開発、拡張されたチューニング機能と性能により、ビジネスの効率を推進します。オープンな接続環境のすべての部分において、デジタル変革を促進し、APIの使用により利益を生み出します。
IBM Information Management System 15

リスクの管理、コンプライアンスの簡素化

最小限のCPUオーバーヘッドで、アプリケーションを変更することなく、SLAに影響を与えずIMSとIBM Db2のデータを暗号化します。モバイル・クライアントおよび分散クライアントから元のユーザーIDを追跡し、RACFのパスワード適用を使用できます。

動的なJava開発の提供

変数とオプションの動的な構成によってJava開発を簡素化および拡張し、安全性と柔軟性、制御性を強化します。システム管理の向上のため、JVMの使用統計を追跡します。

オープンなデータベース接続で収益を拡大

IMSの投資を最適化し、APIから利益を生み出します。IMSアプリケーションではREST APIを容易に利用できるため、ユーザーは新しいアプリケーションとサービスを迅速に導入できます。

可用性と拡張性の向上

IMS Connectと、Common Queue Server自動ストラクチャー・チェックポイント、増大するクライアント・ワークロードのサポートなどのプログラミング機能拡張により、IMSの価値をさらに引き出します。

デジタル変革で成長を遂げる

IMSにより、デジタル変革から利益を生み出します。IDCによると、メインフレーム接続の戦略を早期に採用した企業が、300%を超える投資収益率を達成しています。

安全なAPIの性能の向上

IBM z14で、比較対象のx86システム基盤の代替テクノロジーより3倍近い速さでAPIの暗号化を実行します。IMS 15およびIBM z14は、拡張と接続、管理が容易になるように設計されたオープン・エンタープライズ・クラウドを提供します。

主要な機能

  • 全方位型暗号化
  • モバイルの監査能力とレポート作成
  • RACFパスワードの適用
  • JVM 64ビットのサポートとJVMトラッキング
  • システム管理の簡素化
  • 性能とチューニング
  • 可用性と俊敏性
  • IMS Connectの機能強化