スポットライト

簡単なアプリケーションの導入と管理

標準データ定義言語を使用して、データベース・スキーマを変更します。IMSカタログからアプリケーション制御ブロックをロードし、DBDGEN、PSBGEN、ACBGENをなくします。Open Database Managerがデータベースのアクセス要求を処理する方法についての情報を記録します。IMS TMリソース・アダプターを使用する拡張アーキテクチャー・グローバル・トランザクションのユーザーは、IMSとIMS Connectを別々のLPARに配置できます。領域を再起動せずに、従属領域内のPWFIまたはWFIプログラムをリフレッシュします。

増大するトランザクションとデータのボリュームをサポート

OSAMデータベースのオープン・データ・セットに必要な専用ストレージが削減されます。単一のIMS OTMA TPIPEが複数のアクティブなRESUME TPIPE要求をサポートするようになり、フェイルオーバーの保護を改善し、スループットを高めます。APPCクライアントの31ビット・ストレージが不足することに以前関連していた異常終了は、64ビット・ストレージのキューイングのサポートにより減少します。これはIMS高速ユーティリティーにも活用できます。

動的変更による俊敏性の向上

IMS Connectの構成、MSCリソース、Fast Path DEDBに対して、IMSの可用性を高める動的変更を行います。

IMSとDb2 for z/OSの統合の改善

IMSとDb2 for z/OSの統合は、未確定のスレッドを解決してDb2がロックを保持する時間を削減する新しいユーザー出口の追加により、さらに堅固になりました。ESAFユーザー向けの新しいサブシステム・タイプは、IBM MQとWebSphere Optimized Local Adapter(WOLA)のサブシステムをDb2 for z/OSから区別するために役立ちます。

お客様導入事例

  • FNBがIMS Videoで毎月10億を超えるトランザクションを処理

  • ケース・スタディーイメージ

    Fiducia & GAD IT AGが銀行に最新の開発を導入

    導入事例を読む
  • BNP ParibasがIMSを使用してモバイル・バンキングを簡素化して統合

技術的詳細

ソフトウェア要件

IMS V14は別途記載がない限り、z/OS V2.1構成またはそれ以降のバージョン、リリース、モディフィケーション・レベルのもとで動作し、以下の最小バージョン、リリース、モディフィケーション・レベルを必要とします。(追加の仕様および情報についてはリンクを参照してください。)

    ハードウェア要件

    プロセッサー: すべてのIMS V14製品はz/OS V2.1以降を実行できるプロセッサー上で動作します。追加の項目要求情報は、IMS V14リリース計画の資料で提供されます。

      技術仕様

      主要な前提条件: IMS V14の特定の機能には、以下の前提条件があります。これらおよびその他の前提条件と依存関係についての詳細情報は、IMS V14リリース計画を参照してください。

        技術仕様の詳細を確認する