概要

IBM Security Identity Governance and Intelligence(IGI)は、ID管理とガバナンスにビジネス中心のアプローチを提供します。ビジネス部門とIT部門が協力して、企業向けアプリケーションやデータ全体で規制順守とセキュリティーの目標を達成できるようにします。IGIは、企業向けユーザー・ライフサイクル管理、アクセス・リスクの評価と軽減、認証、パスワード管理、強力な分析とレポートに対応し、企業がエンタープライズ・アクセスに関して正しい意思決定を行えるようにします。

ユーザー・ライフサイクル管理

プロビジョニングやワークフローの全機能を有効にし、オープンな統合を活用して、ID管理の迅速なオンボード、管理、簡素化を実現します。

ビジネス・アクティビティーに基づくアプローチ

監査者とITスタッフの間のコミュニケーションを円滑にし、リスクを特定し、SAPやクラウド・アプリケーションなどの企業向けアプリケーション全体にわたる職務分離違反の判別に役立ちます。

高度なユーザー・アクセス制御

アプリケーションからアクセス権を統合し、役割のマイニング、モデリング、最適化、分析のためのアルゴリズムを採用してリスクを低減することで、可視性とユーザー・アクセス制御の向上を実現します。

主要な機能

  • 認証キャンペーンの有効化
  • 職務分離違反の判別
  • アプリケーション・アクセス資格の統合
  • エンドツーエンドのユーザー・ライフサイクル管理を提供