概要

IBM® Watson for Drug Discoveryは、科学的な知識やデータを分析して大発見へとつながるような、既知または未発見の関連性を明らかにする、クラウド・ベースのAI対応ソリューションです。 動的な可視化、根拠ある予測やライフサイエンスのドメインで学習させた、自然言語処理を備えたこのプラットフォームで、研究者は新たな仮説を生み出すことができます。製薬会社、バイオテクノロジー機関や学術機関で利用されており、新たな薬剤標的の特定や既存薬の再利用に役立っています。

拡大できる知識

IBM Watson for Drug Discoveryには、表形式および非構造化形式の膨大な量のデータ・セットを統合して、人間の能力では難しい規模で洞察を発掘する能力があります。

予測分析

機械学習を活用して推論のアルゴリズムを評価し、さらなる評価に向けて斬新な仮説を作り出します。

動的な可視化

研究者は、関連性の認識、対象属性の特定、裏付けとなる根拠の掘り下げができるようになります。

主要な機能

  • エンティティーの探索
  • ネットワークの探索
  • 共起
  • 予測分析
  • 関係性の予測
  • 化学物質の探索
  • 翻訳後修飾の要約

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

エンティティーの探索
エンティティーの探索
ネットワークの探索
ネットワークの探索
関係性の予測
関係性の予測

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • Watson for Drug Discovery Standard


    公開されているものやライセンス交付を受けたものなど、一連の幅広いコンテンツから導き出され、継代レベルの根拠に基づいた可視化データや予測を利用できます。

  • 教育機関向け


    教育機関ユーザー向けの特別な料金で、スタンダードの機能すべてを利用できます。

  • Dedicated


    Standardのすべての機能に加えて、専用インスタンスでカスタムの注釈またはコンテンツを利用できる機能が付属しています。

詳細を表示

購入・お問い合わせ