AI Visionを迅速に導入し、生産性の向上を実現

PowerAI Visionによって、ビジネス・ユーザーは、ディープ・ラーニング機能を備えたコンピューター・ビジョンを容易に活用できるようになります。PowerAI Visionには、コーディングやディープ・ラーニングの専門知識のない対象分野の専門家がディープ・ラーニングの画像モデルをラベル付けし、訓練、実装できるよう支援する、直感的なツール・セットが含まれています。PowerAI Visionには主要なディープ・ラーニングのフレームワークとその依存関係が含まれており、簡単で迅速な導入とチームの生産性の向上を実現するよう設計されています。高速なIBM® Power Systems™とPowerAI Visionソフトウェアを組み合わせることにより、企業は非常にパフォーマンスが高く、最適化されたサポート対象のプラットフォームを迅速に導入できます。

対象分野の専門家にとって使いやすいシンプルなシステム

対象分野の専門家がデータを取り込み、モデルを訓練するプロセスがインターフェースにより合理化されます。放射線技師、監督者、セキュリティー監視担当者は、十分なディープ・ラーニングのスキルがなくても、AIソリューションのモデルを構築できます。

タスクを自動化して生産性を向上

繰り返し訓練されたディープ・ラーニング・モデルが、自動的に映像にラベルを付け、訓練のために膨大かつ正確なデータ・セットを作成します。

どこでも訓練と導入ができる柔軟性

処理能力の高いIBM Powerサーバーを活用して訓練を行った後、訓練済みのモデルをエクスポートし、オンプレミス、クラウド、エッジ・デバイスにモデルを導入できます。

カスタム・モデルをサポートする適応力

TensorFlowのカスタム・モデルをインポートできるため、データ・サイエンティストがモデルを訓練、調整、導入する必要はありません。

迅速な洞察の獲得と正確性の向上

IBM PowerAI Visionは、IBM Power SystemsのAIパフォーマンス機能を高めるよう設計され、IBMリサーチが実現した性能の飛躍的な進歩を活用しています。

企業レベルの信頼性とサポート

ソフトウェアとハードウェアのスタックの全体で相互運用性のテストと検証が行われ、オプションでIBMのサポートも利用できるため、確実な導入が可能です。

AI機能の採用を加速

  • ラベル付け、訓練、監視、導入のプロセスを合理化
  • 画像分類と物体検出のためにモデルを訓練
  • ディープ・ラーニング・モデルによる自動的なラベル付けの導入
  • 訓練と推論のために簡易化された映像分析
  • カスタム・モデルによるAIソリューションの拡張
  • オンプレミス、クラウド、エッジ・デバイスへのモデルの導入

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

映像のラベル
映像のラベル
モデルの管理
モデルの管理
画像のラベル
画像のラベル
データ管理
データ管理