スポットライト

可用性の拡大

クラスター・レベルで実行できる柔軟なポリシー・ベースの自己修復機能によって、IBM z SystemsとIBM Parallel Sysplexクラスターの高可用性と自動化操作のサポートを活用します。IBM System Automationを使用して、アプリケーション、システム、シスプレックスを開始、停止、復旧できます。また、単一のコンソールから複数のシスプレックスのアプリケーションを自動化することができます。

障害の最小化

IBM Geographically Dispersed Parallel Sysplex(GDPS)を使用して、アプリケーションに関する先進的な障害復旧機能を採用し、リモート・コピーの構成ストレージ・サブシステムを管理します。また、高速で信頼性の高い自動復旧機能によって、障害を最小限に抑えます。

性能の最適化

目標に基づく自動化を適用することで、システムの正常性と性能を最適化して、運用を簡素化し、コストを最小限に抑えて、ビジネス目標をサポートします。性能に基づく自動化により、可用性を予防的に管理することで、自動化の実装に要する時間とコストを削減できます。また、自動アラート通知とエスカレーションを活用することで、問題解決を改善できます。

企業システムの自動化

複数のターゲット・プロセッサーの電源オン/オフ、リセット、関連するすべてのシステム管理タスクなど、全社的なプロセッサー・ハードウェア操作を監視して制御します。メッセージの応答や状況の監視、待機状態の検出と解決によって、z System全体の容量を管理します。

ダッシュボードのカスタマイズ

Service Management Unite Dashboardにより、複数の並列シスプレックスとLinuxで実行されているアプリケーションを管理して制御します。最新のカスタマイズ可能なダッシュボードを活用し、アプリケーションを監視して運用することで、一元管理が可能になります。あらかじめコンテキストに沿って作成されたコマンドと単一ステップのタスクの実行により、先進的な問題解決を実現できます。また、システム・ログやNetView Canzlogと直接的に対話して、メッセージをフィルタリングし、コマンドを実行できます。ユーザーは、モバイル端末で実行できます。

購入・お問い合わせ

詳細を表示