概要

IBM System Automation for z/OSは、重要なシステムとアプリケーションの効率性と可用性を最適化するための、ポリシー・ベースの自己修復機能を搭載した高可用性ソリューションです。並列シスプレックスの自動化とポリシー・ベースの自動化により、管理タスクや運用タスク、カスタマイズやプログラミングの工数、自動化を実装するための時間とコストを削減するよう設計されています。Geographically Dispersed Parallel Sysplex(GDPS)との緊密な統合を活用するIBM System Automation for z/OSは、IBM z Systemsに対応した高度な障害復旧機能を提供します。

高度な可用性

クラスター・レベルで実行できる柔軟なポリシー・ベースの自己修復機能によって、z SystemsとIBM Parallel Sysplexクラスターの可用性を維持します。

アプリケーションの障害復旧

IBM Geographically Dispersed Parallel Sysplex(GDPS)を使用して、アプリケーションに関する先進的な障害復旧機能を実行します。

目標に基づく自動化

目標に基づく自動化によって、アプリケーションの正常性とシステム性能を最適化します。

統合された最善の手法

統合された最善の手法のポリシーを使用して、日常的な作業をさらに簡単に自動化し、手作業に費やす時間と労力を減らします。

全社的な自動化

プロセッサー操作のコンポーネントにより、IBM z Systemsハードウェアの全社的な自動化と制御を実現できます。

カスタマイズ可能なUI

最新のService Management United Dashboardユーザー・インターフェースを活用して、複数の並列シスプレックスとLinuxで実行されているアプリケーションを管理して自動化します。

主要な機能

  • 可用性の拡大
  • 障害の最小化
  • 性能の最適化
  • 企業システムの自動化
  • ダッシュボードのカスタマイズ

購入・お問い合わせ

詳細を表示