概要

IBM QRadar Vulnerability Managerは、セキュリティーのぜい弱性を検知して、コンテキストを追加し、修復のアクティビティーの優先順位付けを行います。QRadar Security Intelligence Platformと統合しているため、高度な分析機能を使用してぜい弱性のスキャンの結果を強化し、リスクを低減してコンプライアンスの順守を実現します。QRadar Vulnerability Managerは、ぜい弱性データをネットワーク・トポロジーや接続データと相関分析して、リスクをインテリジェントに管理します。ポリシー・エンジンは、準拠性の検査を自動化します。QRadar Vulnerability Managerを使用すると、セキュリティー・チームは、セキュリティー・リスクに対処するために最適化したアクション・プランを作成でき、さらに効率的に作業して、コストを削減できます。

セキュリティー侵害の防止

危険であることがわかっている70,000以上のデフォルト設定、構成の誤り、ソフトウェアの不備を検知して強調表示するため、攻撃が行われる前に対応策を講じることができます。

高度なIBM Sense Analyticsの使用

ぜい弱性に対応して、コンプライアンスの順守を実現するために、主なぜい弱性を識別して、ネットワーク資産の情報、セキュリティーの構成、フロー・データ、ログ、脅威インテリジェンスによってスキャンを強化します。

データの結合と区別

IBMとサード・パーティー製のスキャナーからのデータを結合することで、時間と労力を節約します。非アクティブなアプリケーションなどの脅威にならないぜい弱性と、注意を必要とするぜい弱性から明確に区別します。

主要な機能

  • セキュリティー侵害の防止
  • IBM QRadar Security Intelligence Platformとの統合
  • ぜい弱性の単一の統合ビュー
  • 修復と緩和のアクティビティーの優先順位付け
  • 規制準拠の自動化