概要

IBM InfoSphere Master Data Management(MDM)は、システムやモデルを問わず、重要な企業データのすべての側面を管理して、一元化された信頼性の高いビューでアプリケーション・ユーザーに提示します。実現可能な洞察を提供し、ビジネス価値を企業全体のデータ・ガバナンス、規則およびポリシーと即座に調整して準拠させます。InfoSphere MDMは、オンプレミスまたはクラウド環境のITモデルの両方をサポートする、高度に構成可能なフレームワークを使用して、情報ライフサイクル全体にわたってデータを調整します。幅広い業種に適切な、すぐに使用可能なデータ管理パターンで、素早く開始できます。

MDM戦略とオプションの拡張

幅広い種類の業種をサポートする組み込みのドメイン・パターンを使用して、信頼性の高いMDMソリューションを構成します。MDMの能力をクラウドに拡張し、リスクの低いサブスクリプション価格を活用します。

IBM MDM on Cloudでコストを削減

IBM MDM on Cloudエディションを提供して、サブスクリプション・ベースの価格モデルによりコストを削減します。手ごろな価格で容易に拡張できるMDMソリューションの開発への、スマートなアプローチをサポートします。

MDMデータを迅速かつ正確に提供

組織全体にわたり、正確でほぼリアルタイムのマスター・データのビューを提供します。レジストリーまたは仮想スタイルの実装をサポートし、速やかに効果を実現できるようにします。

直感的なユーザー・インターフェース

改善されたユーザー・インターフェースと要約ビューで機能を簡素化して、データの意味を迅速かつ簡単に理解できます。

変革に向けた機能の強化

リポジトリーまたはデータ・モデルのタイプを問わず、異種のソースのデータを統一します。一元化された信頼性の高いフォーマットでデータから新しい洞察を引き出し、次の大きなビジネス変革に集中できるようにします。

主要な機能

  • 重要なデータの信頼性の高い正確なビューを提供
  • MDMアーキテクチャーをクラウドに拡張
  • 企業に最適なMDMスタイルの実装
  • 先進のMDMソリューションのパワーを活用