スポットライト

オブジェクト管理

DBD、PSB、ACBの表示、追加、変更を(対話式またはバッチで)実行して、コピーブックのスキーマなどのオブジェクトを、IMSカタログとの間で一括でインポート/エクスポートできます。既存のオブジェクトに基づいて新規オブジェクトをモデル化し、IMSの変更管理を簡素化できます。

カタログの採用と管理

エラーをなくして、より重要な任務のためにスタッフを解放できるように、IMSカタログを採用できます。IMSカタログに保管されているオブジェクトとカタログ全体の状態のサマリー・レポートにより、分析と検証を行い、別々のバージョンでの重複したオブジェクト、孤立したオブジェクト、カタログ・スペースの問題を特定できます。

ユーティリティーJCLの生成

一回限りのセットアップでJCLを実装できます。どのようなスキル・レベルのユーザーでも、IMSの保守ジョブを実行依頼し、一貫性のあるJCLを確保することができます。

IMSコマンドの処理

タイプ1とタイプ2のコマンドを(対話式またはバッチで)実行して応答を確認し、コマンド・グループを使用してIMSPLEX内のメンバーを制限できます。システムを使用できない場合には、コマンドを保管して再始動時に発行できます。

監査、イベント記録、診断

IBM IMS Administration Toolで発行されたすべてのDBA機能やコマンドを含めて、IMS ID、ユーザー ID、日時を指定して監査ログを表示、検索できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM IMS Administration Tools for z/OSには、IBM z/OS V2.1(5650-ZOS)以降、IBM IMS Tools Base V1.6(5655-V93)、および以下のいずれかのバージョンのIBM IMSが必要です。

  • IBM IMS、V13.1(5635-A04)
  • IBM IMS Database Value Unit Edition、V13.1(5655-DSM)
  • IBM IMS、V14.1(5635-A05)
  • IBM IMS Database Value Unit Edition、V14.1(5655-DSE)

ハードウェア要件

IBM IMS Administration Tools for z/OSは、必要なソフトウェアをサポートする任意のIBM Zハードウェア構成で動作します。

    おすすめ関連製品

    IMS Database Utility Solution for z/OS

    IMS Database Utility Solution for z/OS

    詳細を表示

    IMS Database Solution Pack for z/OS

    IMSデータベースの管理と調整を1つのソリューションで

    詳細を表示

    IMS Fast Path Solution Pack for z/OS

    使いやすいユーティリティーにより、IMSデータベースを分析、保守、調整

    詳細を表示

    IMS Recovery Solution Pack for z/OS

    IMSデータ・セットのバックアップとリカバリーのための統合ソリューション

    詳細を表示

    IMS System Management for z/OS

    1セットのツールでIMS環境を管理します。

    詳細を表示

    IMS Performance Solution Pack for z/OS

    迅速かつ簡単にIMSトランザクションのエンドツーエンド分析を行います。

    詳細を表示