データベース内の脅威とセキュリティー・ギャップの特定

IBM Guardium Vulnerability Assessmentは、データ・インフラストラクチャー(データベース、データウェアハウス、ビッグデータの各環境)をスキャンしてぜい弱性を検出し、是正措置を提案します。このソリューションは、パッチの欠落、ぜい弱なパスワード、不正な変更、不適切に設定された権限などのリスクを特定します。詳細なレポートのほか、あらゆるぜい弱性に対応するための提案を提供します。Guardium Vulnerability Assessmentはまた、アカウント共有、過度の管理ログイン、通常と異なる定時後のアクティビティーなどの行動面でのぜい弱性も検出します。さらに、ハッカーが悪用する可能性のあるデータベース内の脅威やセキュリティー・ギャップも特定します。

機密データの検出

異機種混合環境内の機密データを検出および分類します。

ぜい弱性テストとレポート作成

使用資格や危険な構成に関する詳細なレポートを表示します。

コンプライアンス管理

コンプライアンス監査と例外管理を自動化します。

主要な機能

  • 不明なデータ資産の検出を自動化
  • 検出されたデータ・ソース内の機密データを分類
  • 使用資格やデータ・ソースの資格情報を監視
  • ぜい弱性のスキャンと構成を自動化
  • 最善の手法の標準に対して事前構成済みのテストをマップ
  • 行動面でのぜい弱性を検出
  • 拡張性の高いプラットフォームを提供
  • レポート作成と対処