スポットライト

IBM Spectrum Scale RAID

デクラスタードRAIDを使用して、障害を起こしたディスクの再構築に要する時間を数時間から数分間に短縮します。データ保護のために、複製ではなく消去コーディングを使用するため、必要な未加工容量は少なくなっています。

ユニファイド・ストレージ

ファイル、オブジェクト、ビッグデータのワークロード用のストレージを単一のストレージ・プールに統合し、新しいアプリケーションでオブジェクトやHDFSのインターフェースを使用してシンプルなファイル・データ管理のメリットを引き続き獲得できるようにします。

真のスケールアウト機能

オート・ロード・バランシングによってパフォーマンス、容量、ファイル、オブジェクトを線形に拡張し、並列ファイル・システムを活用することでNetwork Attached Storage(NAS)のパフォーマンス・ボトルネックを回避します。

グローバルな共有と連携

複数のリモート・サイトから信頼性の低いネットワークとキャッシュを使用して、地理的に分散したサイト間でデータを共有し、アクティブ・ファイル管理(AFM)を使用して、ローカル・データを扱う場合と同様のパフォーマンスを得られます。

Hadoopコネクター

HadoopとSparkのアプリケーションは、HDFSアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を使用してネイティブに実行されます。IBM ESSは、専用Hadoopストレージへのデータの移動と変換をなくすことで、さらに一貫性のあるデータ分析を実現して、ビジネス・ニーズに応じて複数のデータ・ソースを単一のHDFSビューに結合します。

ポリシー・ベースの階層化と圧縮のサービスの品質

ポリシーに基づいて、テープやクラウドなどの多様なストレージ層でデータを自動的に階層化し、過剰に高性能なストレージを購入する必要性をなくすことで総所有コストを削減します。

統合されたモジュール式

初期ソリューションを素早く導入して、要求の増大に対応してストレージ・ブロックを追加できます。IBM ESSは、高性能を実現するよう設計されており、スループットを最大限に高めるためにバランスが取られています。ESSを選択すると、他のオプションのリスクや複雑さを発生させる必要なく、ハードウェアとソフトウェアのグローバル・サポートを単一源で得られます。

HortonWorks認定

Hortonworksによって完全に認定されているElastic Storage Serverのオールフラッシュ・ソリューションは、Hadoop、Spark、その他のビッグデータ分析のワークロードに理想的です。ファイル、オブジェクト、HDFSをサポートできるため、データ管理のオーバーヘッドが軽減し、より迅速に結果を獲得できるようになります。

おすすめ関連製品

IBM Spectrum Storage Suite

ストレージ・インフラストラクチャーの移行を簡素化して、ビジネスをサポート

詳細を表示

IBM Spectrum Scale

IBM Spectrum Scale

詳細を表示

IBM Cloud Object Storage: Public

非構造化データの増加に対応

詳細を表示