概要

デザイン・シンキングの力を真につかむ唯一の方法は実践です。 IBM Design Thinkingワークショップでは、利用者を第一に考えます。利用者を真に理解して共感するために連携します。共有の知識情報を活用して、隠れている洞察を明らかにし、利用者の体験を転換するために進むべき道を照らし出します。一緒にあらゆる可能性を探索しましょう。

新しい方法で従来からの問題を解決

次世代の製品とソリューションで作業を繰り返す際、解決している人間の基本的なニーズに忠実であり続け、進化するその状況を常に把握します。

規模に応じた迅速な移行

IBM Design Thinkingは、チームが企業クラスの速さと規模で、利用者の優れた成果を理解して実現するためのフレームワークです。

利用者の成功のパートナー

機能に関する会話から利用者と利用者の成果に関する会話に変えていくことで、より有益で使いやすく、望ましい解決策を実現できます。