スポットライト

Communication Serverをお勧めする理由

IBM Communication Server for Windowsは、お客様のワークステーションをサポートする業界屈指のソリューションを提供します。LANやWANなど、ローカルおよび広域のネットワークで、ホスト端末エミュレーション、クライアント/サーバー・アプリケーションと分散アプリケーション、および接続を提供できます。また、一連の堅牢な通信機能、ネットワーキング機能、システム管理機能や。ネットワークの柔軟性を高めるために、幅広い接続サービスと接続オプションが提供されます。

通信プロトコル

IBM Communication Server for Windowsにより、ワークステーションとゲートウェイはTCP/IPやSNAなどの通信プロトコルを使用して通信できます。通信はさまざまなデータ・リンク制御(DLC)上で発生します。モバイル・ユーザーは、直接ホスト・システムにアクセスでき、公開ネットワーク経由で別のCommunications Serverにアクセスすることもできます。

APIのサポート

Communications Serverは、クライアント/サーバー・アプリケーションや分散処理に最適なさまざまなアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)とプロトコルをサポートします。また、クライアントとサーバーに互換APIを提供することで、アプリケーションへの投資を保護できます。このようなAPIを使用するプログラムは、クライアントとサーバーを問わず、ネットワーク上のあらゆるノードで稼働できます。

ピア・アプリケーション

IBM Communication Server for Windowsは、ピア・アプリケーション環境用に共通プログラミング・インターフェース通信(CPI-C)と拡張プログラム間通信機能(APPC)をサポートします。論理装置0、1、2、3のデータ・ストリームにアクセスする必要のあるアプリケーション用の論理装置API(LUA)を使用して、多くのホスト・アプリケーションにアクセスできます。拡張対等通信ネットワーキング(APPN)が、サーバーがサポートする基本的なシステム・ネットワーク・アーキテクチャー(SNA)機能をさらに強化します。

SNAゲートウェイ機能

IBM Communication Server for Windowsの強力なSNAゲートウェイ機能により、ローカル・エリア・ネットワーク上のワークステーションは一連のアダプターと物理接続を通じてホスト・コンピューターに接続できます。リモート・ワークステーションもこのゲートウェイにダイヤルインし、ホストへの共通の高速リンクを使用できます。ゲートウェイが論理装置のコンセントレーターの役割を果たし、多くのホストとホスト物理装置の論理装置リソースをサーバーがサポートする通信メディア経由で下流のクライアント・ワークステーションに提供します。

管理ツール

IBM Communication Server for Windowsは、いくつかのツールを使用して管理を簡素化します。ここには、システムとネットワークのアラート、メッセージ・ログとエラー・ログ、トレース・ファイルとプログラミングの各機能が含まれます。これらの機能を使用することで、ネットワークの構成と管理を行い、先進的な管理プログラムを開発できるようになります。補完的なネットワーク管理製品とシステム管理製品が、このような機能のすべてにアクセスできます。リモート管理機能を使用すると、ノード運用パネルを使用してインターネットとイントラネット上のサーバーを管理できます。