概要

IBM Cloud Videoは、ライブおよびオンデマンドの動画コンテンツを社外の多数の視聴者に配信したり、あるいは従業員が動画のプラットフォーム・ソリューションに参加できるよう、企業の動画配信を保護します。IBM Cloud Videoを活用すると、社内外両方の動画の通信を集中して管理および制御できるようになり、さらには、Watsonの人工知能の機能を使用して、構造化されていない動画コンテンツから洞察を取得できます。
IBM Cloud Video (Ustream)

大勢の対象者に動画配信する

ソフトウェア定義のコンテンツ配信ネットワークを使用したオンライン動画は、インテリジェントなトラフィック管理が可能なバックアップ・プロセスが組み込まれているため、展開地域を拡大し、高い信頼性を維持します。

どこでも、どのデバイスにでも配信可能

動画コンテンツをクラウドでトランスコードして、ほぼすべてのデバイスに配信するほか、幅広い接続速度に対応したアダプティブ・ビットレートをサポートします。

リアルタイムのエンゲージメントと測定

地理的位置や使用デバイスなどの、エンゲージメントのリアルタイムな追跡を行います。登録済み視聴者の個別化された追跡を提供する詳細なレポートをダウンロードできます。

社内視聴者への安全な配信

企業の動画資産へのアクセスを、インテリジェントに制限および保護します。企業の登録簿システムと簡単に統合でき、シングル・サインオンでのアクセスを可能にします。あるいは、アクセスに個人のe-メールを加えることもできます。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

仕組みを見る

今すぐ試す