概要

IBM Cloud Privateは、ファイアウォールで保護された安全なデータ・センターからパブリック・クラウドのメリットを提供する、革新的なプライベート・クラウド・プラットフォームです。Kubernetesベースのコンテナー・アーキテクチャーで構築された統合クラウド・プラットフォームであり、お客様が制御する安全性の高い環境での迅速な新規クラウド・ネイティブ・アプリケーション開発と、既存ワークロードのモダナイズを目的としています。IBM Cloud Privateにより、開発者は組み込まれた開発ツールとサービスを使用でき、運用チームは企業向け管理ツールにアクセスして、プラットフォームを安全かつ最新の状態に維持できます。

迅速なアプリケーションの導入

企業向け運用管理リソースによって支えられた、継続的インテグレーションとデリバリーのためのDevOpsツールにより、開発および統合されたデータの監視、ロギング、拡張性を実現します。

規制要件の順守

ミッション・クリティカルなアプリケーションを開発する際に、厳しく規制されたデータを保護できます。

環境のカスタマイズ

迅速な導入、拡張性、利便性、柔軟性などのパブリック・クラウドのメリットを活用しながら、セキュリティー要件に基づいて環境をカスタマイズできます。

他のサービスとの統合

IBM Cloud Privateをデータ、メッセージング、Java、インテグレーション、ブロックチェーン、DevOps、アナリティクス、その他の重要なサービスと組み合わせることで、企業向けアプリケーションを迅速に開発し、導入できます。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • IBM Cloud Private -Community Edition


    評価環境(本番環境以外)において、新しいクラウド・ネイティブ・アプリケーションを開発。

  • IBM Cloud Private - Cloud Native


    クラウド・ネイティブ・アプリケーションおよびマイクロサービス・アーキテクチャによるアプリケーションを開発し、自動化された管理、スケーラビリティー、障害回復能力を提供。

  • IBM Cloud Private - Enterprise


    既存アプリケーションのモダナイズと最適化を実現する。自社データセンターからクラウド・サービスを活用する。

詳細を表示