概要

IBM Aspera Files は、Aspera の最先端のコア・テクノロジーと機能を、あらゆる規模の企業で役立つ使いやすい SaaS ソリューションに統一します。最新の SaaS のイノベーションと最高レベルのファイル転送テクノロジーの組み合わせは、他のエンタープライズ・ファイル配信、共有および同期ソリューションでは実現 できないソリューションです。

ファイル送信と共有のシンプルな新しい方法

自社商標が配された Web アプリケーションでシンプルかつ直感的なユーザー・エクスペリエンスを実現して、大容量のファイルやフォルダーの共有と相互やりとりを即時に行い、ユーザーを管理し、アクセスを制御することができます

スピードに関する実証済みの標準

標準の広域ネットワークの 10 倍から 100 倍のビッグデータをわずか数分の 1 の時間で転送して、より高性能なグローバル・ネットワークを介して Gbps 級の速度を実現しています

最大規模のビッグデータを移動

ギガバイト級の大容量ファイルや、テラバイト級の超大容量のデータ・セットとディレクトリーを世界規模の距離を介して迅速、確実、セキュアに移動します

どこにでもデータを保管

オンプレミス、ハイブリッド、クラウド・インフラストラクチャーでシームレスに作動するため、お客様は、クラウド・ストレージとハイブリッド・ストレージとの間やストレージ間でセキュアな転送機能を使用してデータの保管場所を自由に選択できます

中核となるセキュリティー

すべてのファイルとフォルダーに対する強力なユーザー・アクセス制御により、基礎となるストレージ・アクセスを非公開にしておくことで、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境でのデータ共有のためのセキュリティーを提供します

主要な機能

商標を配することができるワークスペース

組織内の新しい個別のプロジェクトや部門の追加に必要な複数の「ワークスペース」を作成して商標を配し、自社商標が配されたコラボレーション領域を必要とする許可ユーザー・コミュニティー内でファイルやフォルダーを共有して交換します

商標を配することができるワークスペース

組織内の新しい個別のプロジェクトや部門の追加に必要な複数の「ワークスペース」を作成して商標を配し、自社商標が配されたコラボレーション領域を必要とする許可ユーザー・コミュニティー内でファイルやフォルダーを共有して交換します

構成可能なユーザー・アクセスとファイル許可

ワークスペース内の個々のファイルとフォルダーで複数の許可 (ダウンロード、共有、編集) とユーザー・アクセス・レベルをサポートします。いずれも、ユーザーまたはグループごとに構成できます。

構成可能なユーザー・アクセスとファイル許可

ワークスペース内の個々のファイルとフォルダーで複数の許可 (ダウンロード、共有、編集) とユーザー・アクセス・レベルをサポートします。いずれも、ユーザーまたはグループごとに構成できます。

包括的な管理コンソール

外部のオンプレミスと Aspera on Demand (クラウド) の転送ノードをシームレスかつセキュアに追加します。ワークスペース、グループ、ユーザー、ドロップボックスのメンバーシップを管理します。リアルタイムの転送アクティビティーや転送アクティビティーの履歴、ストレージ使用量を詳細にモニターして報告します。

包括的な管理コンソール

外部のオンプレミスと Aspera on Demand (クラウド) の転送ノードをシームレスかつセキュアに追加します。ワークスペース、グループ、ユーザー、ドロップボックスのメンバーシップを管理します。リアルタイムの転送アクティビティーや転送アクティビティーの履歴、ストレージ使用量を詳細にモニターして報告します。

    商標を配することができるワークスペース

    組織内の新しい個別のプロジェクトや部門の追加に必要な複数の「ワークスペース」を作成して商標を配し、自社商標が配されたコラボレーション領域を必要とする許可ユーザー・コミュニティー内でファイルやフォルダーを共有して交換します

    構成可能なユーザー・アクセスとファイル許可

    ワークスペース内の個々のファイルとフォルダーで複数の許可 (ダウンロード、共有、編集) とユーザー・アクセス・レベルをサポートします。いずれも、ユーザーまたはグループごとに構成できます。

    包括的な管理コンソール

    外部のオンプレミスと Aspera on Demand (クラウド) の転送ノードをシームレスかつセキュアに追加します。ワークスペース、グループ、ユーザー、ドロップボックスのメンバーシップを管理します。リアルタイムの転送アクティビティーや転送アクティビティーの履歴、ストレージ使用量を詳細にモニターして報告します。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

  • パーソナル


    個人や中小規模ビジネスのお客様向けに設計されています

  • ビジネス


    中堅企業や大企業内の部門向けに設計されています

  • エンタープライズ


    大規模企業向けに設計されています

購入・お問い合わせ