スポットライト

包括的なツールキット・オプション

Toolkit Featureには、次のツールが含まれています: 逆アセンブラー、相互参照機能、プログラム理解ツール、対話式デバッグ機能、構造化プログラミング・マクロ、拡張SuperC。

ダイナミック・リンク・ライブラリーのサポート

ダイナミック・リンク・ライブラリー(DLL)のサポートを追加して、最新のリリースでより強力なマクロを提供する言語間通信と、新しい条件付きアセンブリー関数および属性を強化します。

8バイト・アドレス定数

64ビット・モードのIBM z/Architecture®アプリケーションでの8バイト・アドレス定数をサポートします。

拡張されたマクロ機能

新しい条件付きアセンブリー関数と属性による強力なマクロを提供します。

有益な診断

新しく改良された診断機能がアプリケーションの信頼性を高めます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

High Level Assembler(HLASM)and Toolkit Featureは、z/OS、z/VM、z/VSE上で動作します。インストールのリソースについては以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    z/OS、z/VM、z/VSEの各インストール済み環境のシステムと互換性があります。仕様は変更される場合があります。