スポットライト

すべてのデータ活動状況の監視と監査を実施

ユーザー、開発者、外部委託先の担当者やアプリケーションによる、ファイル・システム、接続ストレージ、取り外し可能ストレージに対するすべてのトランザクションを確認できます。無許可のアクセスを試みるユーザーを識別します。オペレーティング・システム固有のロギングや監査の機能に依存しないアクセス監視機能を提供します。通常と異なるファイルの動作を検出することで、データの安全性を向上します。非構造化データのランドスケープを明確に把握できるように、すべてのファイルとメタデータのインベントリーを作成します。機密データの検出と分類を自動化します。

ファイル・アクセスおよび変更管理に対して、セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用

機密性の高い非構造化データへのアクセス、特権ユーザーのアクション、変更管理に対する監視とセキュリティー・ポリシーの適用を実施します。アクセス・ポリシーを使用して、ファイルやディレクトリーの大量のコピーや削除などの異常な動作を識別し、ユーザーによるファイル・アクセスの急増を検出して、監視対象ファイルが不適切にアクセスされた場合にアラートを受信します。監査、リアルタイムのセキュリティー・アラート、読み取り/書き込みのブロックなどのポリシーに基づく動作をサポートします。

コンプライアンス・ワークフローと監査活動を加速

企業全体のデータを集約する中央リポジトリーを作成し、オペレーティング・システム固有の監査機能を使用可能にすることなく、コンプライアンスの監査、レポート作成、相関分析、フォレンジック調査に対応します。監査担当者に必要な職務分離をサポートする、改ざん防止が施された監査証跡を提供します。カスタマイズ可能なコンプライアンス・ワークフローを自動化してコンプライアンス・レポートを生成し、そのレポートを電子サインオフのために監視チームに配布したり、エスカレーションのために適切な担当者に送信します。

異機種混合環境全体の機密データを保護

すべての主要プラットフォーム、ファイル共有システム、オペレーティング・システムで、ファイル・システム、接続ストレージ、取り外し可能なデバイス上の動作の監視と監査を実施します。Microsoft Windows、UNIX、Linuxなどの企業向けオペレーティング・システムをサポートします。すべてのプラットフォーム上の大半のファイル・タイプで企業の機密データを検出して分類します。すべてのファイル・タイプについて無許可のアクセスを監視して防止します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。