概要

このソリューションでは、ファイルやファイル・システム(NAS、SharePoint、Windows、Unix、Linuxなど)内の非構造化データを自動的に検出して分類するため、企業が非構造化データのリスクをより詳しく理解して制御することが可能になります。Guardium Data Protection for Filesは、機密データに関する異常活動を検出するコグニティブ分析機能を使用して、ファイルやファイル・システム全体でのインテリジェントなアクセス管理とファイル活動の監視もサポートします。継続的な監視とリアルタイムのセキュリティー/保護ポリシーにより、企業全体の非構造化データを保護します。また、監査可能なレポートとワークフローにより、チームがコンプライアンス・コストを最小限に抑えられるようにします。

社内外のリスクを特定

ファイルに含まれる機密データを検出して分類するとともに、すべてのファイル活動を継続的に監視および監査します。

セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用

特権ユーザーによるアクセスを含めたすべてのファイルへのアクセスに対して、リアルタイムでセキュリティー・ポリシーを適用し、ユーザー・アクセスをブロックします。

中央リポジトリーの作成

すべてのファイル活動に関する詳細なレポートを、一元的な管理コンソールから確認できます。

主要な機能

  • すべてのデータ活動を監視および監査
  • ファイル・アクセスおよび変更管理に対して、セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用
  • コンプライアンス・ワークフローと監査活動を加速
  • 異機種混合環境全体の機密データを保護
  • ファイルやファイル・システム内のデータを検出および分類

製品イメージ

Guardiumのナビゲーションの概要
Guardiumのナビゲーションの概要
機密データの検出
機密データの検出
分類規則の定義
分類規則の定義
すぐに使用可能なポリシーの作成
すぐに使用可能なポリシーの作成
機密データの監視と保護
機密データの監視と保護
多数の規則へのコンプライアンスのサポート
多数の規則へのコンプライアンスのサポート

購入・お問い合わせ

詳細を表示