概要

IBM Guardium Data Protection for Filesは、コンプライアンス要件に対応して、大規模なデータ・ブリーチのリスクを軽減します。ファイルおよびファイル・システム内の機密データに対する活動を監視すると同時に、コグニティブ分析機能によって機密データに関する異常な活動を検出します。このソリューションは、無許可のデータ・アクセスの防止、疑わしい活動に対するアラートの発行、コンプライアンスのワークフローの自動化、社内外の脅威からの保護を行います。継続的な監視とリアルタイム・セキュリティー・ポリシーにより、ファイル・システムやアプリケーションを変更したり、パフォーマンスに影響を与えることなく、企業全体の非構造化データを保護します。

社内/社外のリスクを特定

ファイルに含まれる機密データを検出して分類するとともに、すべてのファイル活動を継続的に監視および監査します。

セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用

特権ユーザーによるアクセスを含めたすべてのファイルへのアクセスに対して、リアルタイムでセキュリティー・ポリシーを適用し、ユーザー・アクセスをブロックします。

中央リポジトリーの作成

すべてのファイル活動に関する詳細なレポートを、一元的な管理コンソールから確認できます。

主要な機能

  • すべてのデータ活動状況の監視と監査を実施
  • ファイル・アクセスおよび変更管理に対して、セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用
  • コンプライアンス・ワークフローと監査活動を加速
  • 異機種混合環境全体の機密データを保護