概要

GDPS - グローバル・ミラー構築支援サービスは、z/OS環境とオープン・システム環境において実質的にどのような距離でも、障害復旧とバックアップのための2サイト自動化ソリューションを提供し、プライマリー・サイトとリカバリー・サイトの間で重要なデータをミラーリングします。これらにより、IBM z Systemsのデータとオープン・システムのデータを、リカバリー・サイトで同じ時点で同期させることができます。

エンドツーエンドの事業継続性

目標リカバリー・ポイントは5秒という低い数字になるように設計されており、目標リカバリー時間は2時間未満になるように設計されています。

再始動の自動化

プライマリー・サイトで障害が発生した場合の、リカバリー・サイト(プライマリー・サイトから実質的に任意の距離に配置可能)でのz/OSシステムの再始動を自動化します。

ソリューションの簡素化

z Systemsデータとオープン・システム・データの間の単一のデータ整合性ポイントを簡素化します。

一元管理

整合性グループの管理は、IBM Total Storageグローバル・ミラーのコピー・テクノロジーにより提供します。