概要

Geographically Dispersed Parallel Sysplex(IBM GDPS active/active continuous availability)のIBM構築サービスは、事実上無制限の距離で隔てられたサイト全体にわたって、データとシステムの継続的な可用性を維持することを目的としたソリューションの計画および構築を支援します。今後のロードマップには、完全なactive-active機能へと発展する可能性のある構成の追加が含まれています。

復旧時間の短縮

自動化された復旧機能と制御されたサイト切り替え機能により、目標復旧時間と目標復旧ポイントを短縮できます。

ソリューションの自動化

自動化された集中化ソリューションによって継続的な可用性を促進し、障害復旧を簡素化できるようにします。

コンプライアンスの達成

より効果的な事業継続性計画により、規制コンプライアンスを管理しやすくします。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る