スポットライト

オンデマンドの視覚化

チームが訓練を受けた考え方を尊重して、対象をエンティティーおよびリンクとしてモデル化します。これにより、複雑なネットワークを簡素化して自明ではないパターンを検出し、水平思考を促進します。

複数の検索手法

テキスト検索や視覚的照会などの複数の検索手法により、情報検出の可能性を高めます。

共通の分析環境

アナリストや幅広い運用チームが組織や地理的な枠を越えて共同で作業し、情報や意思決定をリアルタイムで共有できます。

柔軟なデータの収集

各種のデータ・ソースにアクセスして、実用的な情報の包括的かつ効率的で迅速な生成を実現します。データをソースに残すか、または複数のソースからのデータを統合して集約したビューに融合できます。

オープンで拡張可能なアーキテクチャー

既存のインフラストラクチャーと統合して、現行のプロセスや手順を補完します。Developer Essentials Toolkitを使用して、カスタムの拡張やデータの収集コネクターを作成することで、それぞれ固有の展開要件に対応します。

多次元的なセキュリティー

すべてのアクセスは、きめ細かく構成可能で広範囲なセキュリティー・モデルによって制御されます。認証およびユーザー管理のモデルは、標準装備ツールやお客様組織の既存のディレクトリー・サービスを使用して、許可、操作、ケース、その他のビジネス要件に基づいて情報の論理的な分割を提供します。

お客様による導入事例

  • 国の安全と公共の安全の情報生成

    国の安全と公共の安全の情報生成

    問題点

    膨大な量のデータ・セットとデータ・サイロにより、データに隠れているつながりや洞察を明らかにするのが困難になっています。

    ソリューション

    共通の共同分析環境と視覚的な分析機能により、チームは効率的かつ効果的に情報を作成して共有することができます。

  • 組織におけるサイバー、詐欺、その他の脅威の阻止

    組織におけるサイバー、詐欺、その他の脅威の阻止

    問題点

    組織には多くの場合、複数の部門やデータ・サイロがあるため、それらのサイロで起ころうとしている脅威や問題を見つけるのは困難です。

    ソリューション

    i2 Analyzeは、企業分析機能と安全な共有の保管場所を提供して、それらのサイロを解体できるようにするため、社内と社外のデータ・セットに隠れている脅威や問題のある傾向を検出することができます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

      技術仕様

      i2 Analyzeには技術仕様はありません。

        仕組みを見る

        購入・お問い合わせ