概要

IBM IoT Continuous Engineeringは、接続された高品質な製品の複雑な開発を支援します。システム・エンジニアやソフトウェア開発者がクラウド上で開発コストを管理し、コンプライアンスに準拠しながら要件や変化に効率的に対応して、より迅速で高品質な設計を可能にします。緊密に統合されたツールは、要件管理、モデリングやシミュレーション、品質管理、構成管理、共同でのワークフローの計画と管理を含む、システムとソフトウェアの開発ライフサイクルをカバーします。
placeholder image for video

顧客ニーズに対応

要件を分析して管理し、製品開発ライフサイクル全体において追跡を維持します。

スケールと複雑さの管理

プロセス主導型の計画、ワークフロー、変更管理をサポートして、グローバルな構成管理によって製品ラインを作成します。

品質の向上とスピードの実現

アジャイル方式を採用して、アーキテクチャーと設計のモデリング、シミュレーション、テスト、品質管理を統合します。

効果のより早い実現

クラウドを使用して素早く稼働し、技術革新に集中できます。

コンプライアンスの簡素化

業界標準のコンプライアンスのニーズをサポートして、報告と文書生成を自動化します。

主要な機能

  • 接続された製品を構築するためのツールを提供
  • アジャイル製品開発
  • 連携、計画、変更管理
  • アーキテクチャーと設計
  • 手法とプロセスの管理
  • 要件管理

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ