スポットライト

関係または関連のあるデータの表示

さまざまなツール・ソースのデータを表示、検索し、関係するデータの関連性を分かりやすい形式で表示でき、複数のツールやドメインにまたがったデータを一覧表示で利用可能にします。

データの分析と編成

機能上の関係、手順上の関係、構造的な関係を参照できます。膨大な量のデータから、情報を抽出して分析することが可能です。

オープン・アーキテクチャー

Open Services for Lifecycle Collaboration(OSLC)規格の複数の製品開発やシステム開発のツールによって、探索、照会、可視化、分析、編成する機能を使用できます。

フェデレーテッド・データによるアプローチ

リンクされたフェデレーテッド・ライフサイクル・データのアプローチを、ツールやドメインが異なる関係に対して適用することによって、データを単一の格納場所に移動するコストを削減できます。

複雑さの管理

ソフトウェアやシステムの開発プロセスで、照会用コンテキストを提供するため、情報に基づく意思決定が行えます。

役割を超えた連携

オープン・アーキテクチャーとフェデレーテッド・データによるアプローチを使用して、企業全体のエンジニアリング・データを視覚化、分析、編成することができます。

エンジニアリング・データの編成

関係および関連のあるエンジニアリング・データを、明確で使いやすい一覧で表示します。

複数のライフサイクル・ツールにわたりデータの分析

変更が及ぼす影響を視覚化します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。