概要

IBM Rational Engineering Lifecycle Managerは、 エンジニアリング・ライフサイクル・データから得られる洞察を視覚化、分析、取得するために役立ちます。エンジニアリング・チームはライフサイクル・データ間の関連性をよりよく理解できるため、効率的でタイムリーな意思決定ができるようになります。Rational Engineering Lifecycle Managerを活用すると、さまざまなライフサイクル・ツールに保管されているエンジニアリング・データを引き出し、企業が規制や業界標準への準拠を維持し、実施することができます。

エンジニアリングの俊敏性の向上

エンジニアリング・データやその関連性を検索、照会、分析する時間を短縮します。

ビジネス革新の促進

情報の検索や進捗の報告に労力を費やさず、新規アイデアや改善に集中できます。

業界標準への準拠

複数のツールやドメインにまたがったデータを、業界標準に準拠するという視点で表示し、利用可能にします。

効果を早く実現

クラウドを使用して素早く稼働し、技術革新に集中できます。

適切な意思決定

ダッシュボードと分析によって有効なデータを収集できるため、プロジェクトにおける正と負の指標に対して迅速な対応が可能です。

主要な機能

  • 関係または関連のあるデータの表示
  • データの分析と編成
  • オープン・アーキテクチャー
  • フェデレーテッド・データによるアプローチ
  • 複雑さの管理
  • 役割を超えた連携
  • エンジニアリング・データの編成
  • 複数のライフサイクル・ツールにわたりデータの分析

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

データの分析と編成
データの分析と編成
オープン・アーキテクチャー
オープン・アーキテクチャー
フェデレーテッド・データによるアプローチ
フェデレーテッド・データによるアプローチ