現在と将来のニーズに対応する幅広い機能

資産パフォーマンス管理 ― 過去、現在、将来

パフォーマンス分析により、重要な資産の履歴とリアルタイムの評価を実施できます。資産のパフォーマンスに関連したデータ・ソース(構造化と非構造化(SCADA)、歴史学者、MQTT、OPC、OSI、EAM、GIS、検査と運用のログ、気象)を集約して、業界標準に基づいて事前に構築され、伝送と流通に関する幅広い重要な資産を対象とする資産モデルを適用し、資産のパフォーマンを即時に評価します。モデルは必要に応じてカスタマイズできます。

グリッドに対するリスクと潜在的な影響の判別

リスク分析により、資産のパフォーマンス・データを集計して分析することで、グリッド運用のコンテキストに沿った情報を提供し、資産の障害発生の確率とグリッドへの影響を計算します。障害の計算により、単一の資産またはネットワークが障害を起こす確率のほか、障害発生による影響の重大度が示されます。ユーティリティーのGIS接続レコードを使用するグリッド認識型の線形分析を採用しており、ネットワークをトラバースしてアップストリームとダウンストリームの資産のカスケード効果を評価します。

パフォーマンスとリスクの分析による資産投資計画のサポート

さまざまなwhat-ifシナリオを使用して、運用担当者はプロバイダーの目標や制約に基づき、最善の投資計画を判断することができます。投資シナリオを作成するための基準としてのリスク・レベル(リスクの指定レベルを維持)または予算レベル(指定の予算目標に準拠)など、経営幹部レベルの投資の制約に規定される、ネットワーク全体の資産投資分析のための資産投資計画ソリューションに、投資計画をエクスポートすることができます。

接続モデルによる手動での検証にかかるコストの削減

AMI/スマート・メーターのデータを利用して90%を超える正確度を実現する、特許取得済みの線形分析アルゴリズムを採用しています。これにより、どのメーターが電気のどの相に接続されているかを特定し、スタッフを現場に派遣するための時間や経費を発生させずに、接続レコードを修正する推奨方法を提供します。自動化された検証は、障害の特定、分離、サービス復旧の向上、システム障害発生後の正確な分析、障害の範囲に関する詳細情報の提供に役立ちます。

エネルギーと公益事業のデータ・モデル

IBM Data Model for Energy and Utilities(DMEU)は、従来のデータウェアハウスと次元データマートの両方の定義に対応して、ソーシャル・メディアやコミュニケーションなどの非構造化データをサポートするよう設計された、事前定義データ構造を提供します。データ構造とタイプには、障害履歴、資産監視データ、保守レコード、CAPEX/OPEXの財務上の最適化、障害分析、気象、作業管理の予算と予測、分散生成、ネット・メーターが含まれます。

風力発電所の運用とパフォーマンス

Wind360は、風力タービンと風力発電所に対する履歴、現在、予測の洞察への役割ベースのアクセスを提供します。風力発電所に関連した運用システムから得られた履歴データとリアルタイム・データを使用して、資産に対する状況認識を提供します。オプションで、IBM Weather Company を介して気象データを取り込み、風力発電所のパフォーマンスをさらに最適化し、タービンの正常性とリスクを評価します。レポートには、KPIに基づく風力発電所のパフォーマンスの全体と詳細の分析が示されます。

オープン・ソース・ソフトウェアのサポート

オープン・ソース・ソフトウェア・コンポーネントを組み込んでいます。Apache Hadoopでは、大容量のデータ・ボリュームに必要なデータ・レイク機能を使用できます。Apache Sparkは先進の分析機能を提供して、OpenLayersは地理情報システム統合を提供します。Dojo、Angularis、Data Driven Documents(D3)、JQuery、ECharts、R、Scala、Pythonなどの、JavaScriptフレームワークに対するプログラミング・サポートも提供しています。また、IBM Data Model for Energy and Utilitiesにより、IEC 61970やIEC 61968などのIEC共通情報モデル規格もサポートしています。

お客様による導入事例

  • 接続モデルにより、手動の検査を回避

    接続モデルにより、手動の検査を回避

    問題点

    どのお客様がどの配電変圧器のどの相から電力供給されているのかの判別と、側面と変圧器の間の相互接続の判別のための現在の方法は、現場で実施した場合には時間もコストもかかることがあります。

    ソリューション

    90%を超える正確度を実現する、特許を取得した線形分析アルゴリズムでは、スマート・メーターのデータを活用して、どのメーターが電気のどの相に接続されているかを特定し、スタッフを現場に派遣することなく接続レコードを修正できるように推奨します。

  • 風力発電所のパフォーマンスと最適化

    風力発電所のパフォーマンスと最適化

    問題点

    風力産業は、経済的な競争力を維持する上で、風力発電所とその資産の可用性、信頼性、パフォーマンスを最大限に高めるために、デジタル・テクノロジーを採用する必要があります。

    ソリューション

    Wind360は、気象などの履歴データとリアルタイム・データを使用して、風力発電所の資産のリアルタイムでの状況認識を提供しています。風速、羽根角、振動、ヨー速度、電力AT、風向きを監視し、差し迫った資産障害を事前に警告します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

サポートされているWebブラウザーが必要です。

    ハードウェア要件

    IBMの安全なSoftLayerデータセンターでホストされます。 64ビットIntelハードウェアが稼働するLinuxサーバーが必要です。