概要

IBM IoT for Energy and Utilitiesは、現在と将来におけるプロバイダーのニーズに幅広く対応するよう設計された、オープンな分析ソリューションです。データ統合、分析、可視化の機能により、資産とネットワークの過去と現在のパフォーマンスを詳しく正確に理解できます。既存のデータ・ソースや運用プロセスと統合して、資産のパフォーマンスとリスクを分析して予測し、安全で信頼性が高く、手ごろで持続可能なエネルギーを実現します。主な適用対象として、資産パフォーマンス管理、状況認識、正常性とリスク、投資計画、接続モデル検証、風力発電所の最適化が挙げられます。

保守の手法と計画の改善

記述的、予測的、処方的、およびコグニティブのモデルは、履歴データとリアルタイム・データを分析して、資産の正常性を監視し、今にも起こりそうな障害を警告して、保守の手法と計画を推奨します。

グリッドに対するリスクと影響を素早く評価

リスク分析により、グリッド運用のコンテキストに沿った情報を提供し、資産のパフォーマンス・データを集計して分析し、資産の障害発生の確率とグリッドへの潜在的な影響を計算します。

運用のコンテキストに沿った資産の理解

関連する資産データと運用データの集計、分析、可視化を通して、ネットワークのコンテキストにおける個々の資産のパフォーマンスを理解することで、状況を素早く評価します。

保守と交換の優先順位付け

分析機能により、運用、保守、財務の担当者は、保守のスケジュール、資産の交換計画、設備への投資のレベルについて、十分な情報に基づいて意思決定を行うことができます。

風力発電所の運用の最適化

風力タービンと風力発電所に関する履歴、リアルタイム、予測の洞察を報告して、オプションで気象データを取り込み、タービンの正常性とリスクを評価して、風力発電所のパフォーマンスを最適化します。

主要な機能

  • 資産パフォーマンス管理 ― 過去、現在、将来
  • グリッドに対するリスクと潜在的な影響の判別
  • パフォーマンスとリスクの分析による資産投資計画のサポート
  • 接続モデルによる手動での検証にかかるコストの削減
  • エネルギーと公益事業のデータ・モデル
  • 風力発電所の運用とパフォーマンス
  • オープン・ソース・ソフトウェアのサポート

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

資産運用データを集計して分析し、資産の正常性を視覚化します。
資産運用データを集計して分析し、資産の正常性を視覚化します。
グリッドに対する資産障害のリスクと影響を評価します。
グリッドに対する資産障害のリスクと影響を評価します。
稼働環境のコンテキストに沿って、資産の詳細情報を提供します。
稼働環境のコンテキストに沿って、資産の詳細情報を提供します。
スマート・メーターを活用して、現場で検査することなく、接続を検証します。
スマート・メーターを活用して、現場で検査することなく、接続を検証します。
風力発電所の資産の詳細な履歴分析とリアルタイム分析を報告します。
風力発電所の資産の詳細な履歴分析とリアルタイム分析を報告します。