スポットライト

いつでもどこでも、どのデバイスでも利用可能

Watsonにより、いつでもどこでもユーザーをサポートします。IBMの革新的なサポート・モデルは、サービス・デスクを分析機能やWatsonの変革的なコグニティブ機能と統合します。

個々の状況に適したユーザー体験

Watsonはあらゆる対話を理解して学習し、新たな可能性を提案します。Watsonが会話から学習するたびに、この個々の状況に適したユーザー体験は改善し続けます。

ユーザーを支援

セルフサービス、バーチャル・エージェント、ライブ・エージェントを活用すると、ユーザーはいつどこでどのようにして個々の状況に適したサービスを受けるのか管理できます。ダウンタイムが短くなり、生産性が向上します。

コグニティブ機能による継続的な分析

Watsonの分析機能は、すべてのユーザーのアカウントから寄せられるフィードバック(クリック、処理時間、タスクを完了した比率、正確にユーザーの反応を評価するために役立つ明示的でないユーザーの行動を含む)に基づいて生まれます。Watsonはテキストの意味を分析することでユーザーのニーズを「理解」するため、ユーザー・サポートの担当者はこの情報を参照することによりユーザー体験を改善し、電話を通じてより正確なサポートを提供し、サポートを求める電話の件数を削減することができます。

仕組みを見る

詳細を表示