スポットライト

信頼性が高く検証可能なIT復旧

Software Defined復旧環境におけるオーケストレーション、自動化、迅速なプロビジョニングによって複雑さを軽減します。手操作による介入や手順の不一致を最小限に抑えながら、継続的に動作するDisaster Recovery as a Serviceソリューションは、エラー、リスク、依存関係のほか、テストや文書化に必要となるリソースを減らします。

自動化の向上、手動操作による介入の削減

IBM DRaaSオーケストレーションは、既存のテクノロジーの上でプロセス自動化のフル・ライフサイクル・アプローチを提供して、自動化された非侵入型のテストと検証が確実に行われるようにすることで、テスト時間やフェイルオーバー/フェイルバックを大幅に減らします。OSパッチやデータベースを分離してアップグレードし、オンデマンドのDRエクササイズを実行して、DRの準備態勢をテストして再テストし、結果から必要に応じてワークフローを更新します。復旧リソースをチューニングして、性能を向上させ、コストを最適化し、使用するにつれてITの知識を蓄積できるようにします。

従量制課金

OpExモデルでは、料金設定が従量制課金であるため、コストを予測できます。長期契約は不要で、時間別、日別、月別の予測可能なクラウド・ベース・ユーティリティーの料金設定により、変動する経費を削減することができます。さまざまな料金と性能のレベルから、問題となっているDRワークロードの重大度と要求に合致するものを選択できます。ベースライン・サービスの安定した月額課金を利用して、使用量の単位ごとの詳細が記載されたきめ細かい請求書を受け取ることができます。サービスの終了までに必要な期間は30日間だけです。

最適化されたレジリエンシー

回復力の最適化によって利害関係者の信頼性を引き出します。これは重要なITサービス・デリバリーのセキュリティーと継続性を保護する、投資に対するリスク・ベースのアプローチです。DRプロセスをクラウドでテストして検証し、お客様組織がIT障害から復旧する方法に関する洞察を得ることでダウンタイムを回避し、ビジネスを中断することなく、それらの結果を継続的に改善します。どこでも、どのデバイスからでもアクセスできるWebポータルを使用して、リソースとワークフローのプロビジョンとオーケストレーションを行います。

データ駆動型のサービス環境

IBM Cloudで新たなリスクや戦略の変更に対応して、クラウドの回復力を高めます。日常のビジネスを中断することなく、IBM CloudでDRaaSを1時間未満でセットアップして実装します。DRテストを実行して、パッチとアップグレードをテストします。IBM Cloudは、Windows、Linux、IBM AIX、クロスプラットフォームのテストをサポートしています。DRインシデントを宣言して、瞬時にフェイルオーバー操作に切り替え、システムやボリュームの追加と削除を容易に行えます。

IBMの豊富な専門知識

50年間を超えるビジネス・レジリエンシーに関する専門知識を持つIBMは、世界中の企業から信頼されてきたITパートナーです。IBM社内の専門知識では、オンサイトとリモートの両方のDR計画、データ・バックアップ、復旧の管理に重点を置いています。IT障害復旧の監視と解決のための24時間365日体制のサポートと管理サービスには、保守、問題管理、変更管理が含まれています。お客様は、IT戦略や目標に合わせてソリューション、サービス、復旧のロケーションを選択できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Resiliency Disaster Recovery as a Serviceにはソフトウェア要件はありません。

    ハードウェア要件

    IBM Resiliency Disaster Recovery as a Serviceにはハードウェア要件はありません。